シンプルモダンインテリア家具Laana

ヘッダーバナー1

空間にゆとりを生み出すロースタイルコーディネート

ロースタイルインテリア

日本に古くからある伝統的な畳の文化。

床に直接座ったり、布団を敷いたりして寝るという低く暮らす生活は、日本人にとっては馴染みのあるスタイルですよね。

生活空間が和室から洋間に変わり、床が畳からフローリングに変わっても、ロースタイルの生活が落ち着くという人は多いはず。

そこで、ソファとベッドを、ロースタイルのもので揃えたコーディネート。

お部屋に置く家具を、高さを低く抑えたロースタイルの家具で揃えているため、お部屋を見渡した時に視界を遮るものがとても少なく、空間に余白部分が生まれ驚くほど広く感じられますよね。

壁面の余白が多く、あまりにも殺風景に見える場合は、さりげなくピンナップなどを飾ってみるのもおすすめです。

お部屋が広く感じられるばかりではなく、スタイリッシュに見えるというインテリアの面からも、今、ロースタイルの家具は大人気ですよ。

空間にゆとりが広がるローソファ

空間にゆとりが広がるローソファ

フロアソファ【Cuole】クオーレ

ソファを置きたいけれど部屋が狭くなってしまうとお考えのあなた。

ワンルームや狭いお部屋に置くソファの第一選択には、ローソファがおすすめです。

高さが低いローソファならお部屋を広々とした印象にしてくれるのもありますが、実際に座った時にも目線が下がる分、お部屋が広く感じられます。

ローソファは、足を前に投げ出して、リラックスできるラフな姿勢でくつろげるのが魅力のひとつです。

足を伸ばせる座り方はこたつとも相性がよく、冬にはこたつとローソファを合わせるのが最近のトレンドで、寒い時期のどうにかしたい足元の冷えが解消されるのがいいですよね。ゆったり姿勢で足元はぬくぬくと温かい、そのくつろぎ感はハンパではありません。

お部屋を広く使うなら壁につけたレイアウトがおすすめで、空間にゆとりが広がるローソファのメリットを最大限に活かせることでしょう。

お部屋が狭い!を解消するフロアベッド

お部屋が狭い!を解消するフロアベッド

棚・コンセント付きフロアベッド【Cliet】クリエット

ワンルームなどでは、ベッドを置いただけで物理的な圧迫感が生まれるため、部屋が狭くなったように感じてしまいます。

その点、背の低いフロアベッドなら、同じサイズのベッドでも圧迫感が少なく、視界がとおるためすっきりとした印象となり、お部屋が広く感じられます。

ベッドに脚が無いため、床板がほとんど床の高さという低さが特徴のフロアベッド。

これから一人暮らしをするにあたって、いままで布団で寝ていたのでベッドにすると睡眠環境が変わって心配という人でも、違和感なくベッドに移行できます。布団で寝るのとそれほど変わらない高さは安心感がありますよね。

このページのコーディネートにおすすめのインテリア


Copyright© 2018 シンプルモダンインテリア家具Laana All Rights Reserved.