シンプルモダンインテリア家具

ヘッダーバナー1

キングサイズかシングルベッドを2つ並べるか?おすすめの方法

キングサイズかシングルベッドを2つ並べるか

とにかく悩ましいのが、これから結婚して新生活を始める時のベッドのサイズ選び。

お家によってベッドを置くお部屋の広さの違い、お互いの夫婦関係の距離感や将来の家族計画の違いなど、様々な要因が絡み合って、一概にどのサイズがベストとはいえません。

そんな数あるベッドのサイズ選びの選択肢として、キングサイズを購入するか、それともシングルベッドを2つ並べるかで迷う方も多いのではないでしょうか。

子供ができて家族みんなで川の字に寝るようになると、このような悩みを持つご家庭が増えてきます。できれば近い将来、訪れるであろう状況をあらかじめ考慮した、無駄にならないようなベッド選びをしたいものです。

そんな悩ましいベッドのサイズ選びをどのように解決するか、今回は、キングサイズとシングルベッドを2つ並べる選択肢のケースにポイントを絞って、どちらがいいのかそのヒントをご紹介します。

キングサイズとシングルベッド2つのサイズを比較

キングサイズとシングルベッド2つのサイズを比較

キングサイズベッドとシングルベッド2つを並べた時のどちらがいいかを比較される人は、結婚して当面の間は、2人で一緒に寝ることを前提に考えていらっしゃるはずです。

そのため2人で並んで寝るだけの余裕のあるサイズのベッドが必要となります。

キングサイズのベッドの大きさは約横180cm×縦195mというサイズで、それに対してシングルベッドのサイズは横97cm×縦195m。キングサイズは、ちょうどシングルベッド2台分と同等かやや狭いサイズとなります。

キングサイズベッドにしても、シングルベッド2つを並べるにしても、かなり大きなサイズですね。いずれにしてもそれだけのお部屋の広さがなければ置けません。最低でも8畳の広さが必要であることが前提となります。

1台のベッドとしては最大幅のキングサイズと、シングルベッド2台を並べたサイズほぼ同等のため、どちらがいいか比較対象として引き合いに出されるのですが、次にそれぞれのメリットとデメリットを考えることで比較をしてみたいと思います。

キングサイズベッドのメリット・デメリット

キングサイズベッドのメリット・デメリット

棚・コンセント付収納ベッド【EverKing】エヴァーキング

そこでまず最初にキングサイズベッドのメリットとデメリットについて考えてみたいと思います。

キングサイズベッドのメリット

キングサイズベッドのメリットは約180cm~200cmのワイドな横幅があり、ゆったりと眠れる広さが一番の魅力です。夫婦二人で寝ても余裕のあるサイズなので、ゆったりと眠ることが可能です。

また使用する布団カバーやシーツも、ベッドに対して一つなので洗濯が楽というメリットもあります。

そのサイズの大きさからお部屋のゴージャス感を増してくれるという効果もあるので、ホテルのようなゴージャスな寝室に憧れていた方は、その雰囲気を自宅で楽しめます。

キングサイズベッドのデメリット

デメリットとしては、子供がいる家庭の場合、キングサイズだけでは対応できない状況が想定されます。特に子供一人の場合は一緒に寝れるとしても、子供が二人となると対応できません。

キングサイズにお母さんと子供、別のベッドを追加購入してお父さんが寝るという形になる可能性が考えられます。

今あるキングサイズベッドの他にさらにベッドを置ける広さがあればいいのですが、追加のベッドがシングルだとしても、ベッドルームの広さが足りず入らなければ、お父さんだけが別のベッドが入る部屋で寝る状況になってしまいます。

購入してから入らなかった!ということも起きないとはいえませんので注意が必要です。

                                 
家族が同じ一つのベッドに寝ることを考えた時に、例えば共働き夫婦の場合、ベッドに入るタイミングや起きる時間が違うこともあるでしょう。また親子でも就寝時間に違いがあるため、家族のうち誰かが熟睡できないということも出てくる可能性があります。

シングルベッドを2つ並べるメリット・デメリット

シングルベッドを2つ並べるメリット・デメリット

モダンライト・コンセント付きすのこベッド【Mariabella】マリアベーラ

シングルベッドを2つ並べるメリット

シングルベッドは2つ並べるとキングサイズと同じか少し大きいくらいの幅(約200cm)になり、キングサイズ同様に、悠々と寝ることができるのが魅力です。

ご夫婦ふたりが別々のマットレスに寝ることで、相手の振動を感じずにぐっすり眠ることができます。そのため夫婦で起きる時間が違う場合でも、相手を起こしてしまう心配もありません。掛け布団もシングル2枚の場合は、寝ていて引っ張られる事も無く熟睡できます。

何より相手に余計な気を使わなくていい点は、大きなメリットです。

また求める寝心地やマットレスの硬さ、暑さや寒さといった体感温度に違いがある場合、それぞれにマットレスを選んで好みの寝心地にしたり、自分の体感温度に応じて掛け布団や毛布を選んで調節できることなども、後々にはメリットとして感じられるようになってくることの一つです。

シングルベッドを2つ並べるデメリット

デメリットとしては布団もシーツも2台分のため、洗濯の手間がかかること。

また普通にシングルベッドは2つくっつけて並べてキングサイズベッドのように使用したのでは、ベッドの間やマットレスの間に溝ができてしまいます。将来、子供を間に挟んで眠ることを考える場合は、子供がその溝にハマってしまうこともあるため注意が必要です。

ベッドの将来の使い道を考える

キングサイズベッドとシングルベッドを2つ並べるか、どちらにしてもベッドの将来の使い道を考えるという点が重要なポイントになります。

当面は夫婦二人、将来を考えても子供は一人という家族計画の場合は、広さに関してはキングサイズのベッドで事が足りると考えていいと思います。

問題なのは、子供は二人となった時にベッドを追加する必要がある場合、キングサイズのベッドを誰かが使っていかなくてはならないこと。先述のように追加分のベッドを置こうとしても部屋の大きさが足りないケースもあるため、結局別のベッドを買い直す可能性もあります。

それがちょうどベッドの買い替えの時期であれば問題ありませんが、まだ使える段階だとキングサイズは大きいだけに無駄になってしまうと感じられるはずです。

シングル2つの場合も、将来、子供が一人なら広さに関しては問題なし。

ただ子供が二人になって、それぞれの部屋で眠るようになったときに、2台のシングルベッドを子供にあげて使うことが可能ですね。

連結ベッドという選択肢のおすすめ

連結ベッドという選択肢のおすすめ

連結フロアベッド【Joint Wide】ジョイントワイド

キングサイズベッドとシングルベッドを2つ並べるか、いろいろな観点で比較しましたが、それぞれにメリット、デメリットがあり、やはりどちらがいいか決めかねるという人もおられるでしょう。

そこで、もう一つのおすすめの選択肢として、連結ベッドを紹介したいと思います。

家族が一緒に寝ることをコンセプトにしているベッドなので、キングサイズベッドとシングルベッドを2つ並べるかといった悩みが、一気に解消されるはずです。

基本的には、シングルベッドを2つ並べるのと発想は変わらないのですが、ベッドを2つくっつけた時のデメリットである、マットレスの隙間やベッドのズレを、連結仕様とすることで解消しています。

またセミシングル、シングル、セミダブル、ダブルの4つのサイズが組み合わせれるので、将来のベッドの使い道まで考慮した無駄のないベッドの使い方が可能になります。

連結ベッドの組み合わせ例

連結ベッドのメリットについては、詳しくはこちらの記事でも紹介しています。
>>ベッドに家族で寝る最適の方法|親子で川の字、連結ベッドのおすすめ!

まとめ

家族が夫婦二人だけの時、子供が増えたときで求めることも違い、キングサイズがいいのかシングルを2つ並べるのがいいのか迷う方に役立つ情報をご紹介しました。

個人的な意見にはなりますが、シングルを2つ並べる方がメリットも多く、何かと使い勝手がいいと感じます。さらにはやはり連結ベッドがおすすめですね。

ベッドの耐用年数はだいたい~15年と言われますから、その時期を考慮して暮らしがどんな形になっているか想像してから購入されることをおすすめします。

15年後も過ごしやすく熟睡できるベッド環境を整えるために、ぜひ慎重に検討してみてください。

このページで紹介した商品はこちらのショップでご購入いただけます。
豊富な品揃え、リーズナブルなお手頃価格のシンプルモダンインテリア家具Laana
きっとあなたのお気に入りが見つかります。

おすすめのベッドはこちら

関連記事


Copyright© 2018 シンプルモダンインテリア家具Laana All Rights Reserved.