シンプルモダンインテリア家具Laana

ヘッダーバナー1

ロースタイル家具で開放的な部屋に|ロースタイルインテリアのすすめ

ロースタイルインテリア

日本古来の暮らし方であるロースタイル。

やっぱり洋風の家に住むようになっても床に座るとなんだか落ち着く気持ちってありますよね。

今、そんな床に近い生活であるロースタイルが注目されていて、ロースタイルのインテリアやライフスタイルがたいへん人気となっています。

また究極のロースタイルともいえる「こたつ」は、冬には日本人にとって一番落ち着く場所であると同時に、海外からも注目されていますよね。

生活を床に近いロースタイルにすることは、落ち着きがありリラックスができるライフスタイルといえるのかもしれません。

そんなリラックスライフを作れるロースタイルインテリアのメリット、こだわりポイント、注意点をご紹介します。

ロースタイルインテリアのメリット

ロースタイルインテリアのメリット

ロースタイルインテリアとは、その名のとおり背の低い家具のこと、また、背の低い家具で統一してそろえたインテリアのことをさします。

今、ソファにベッド、、テーブルやテレビ台に至るまでロースタイルな商品が大人気となっています。

そんなロースタイルインテリアにはどんなメリットがあるのでしょうか。

ロースタイルは落ち着く

いわずもがなですが落ち着く空間はとても大事です。

ロースタイルという床に近い生活スタイルは、古くから畳で生活をしてきた日本人にとって、本能的に落ち着くのかもしれません。

部屋が広く感じられる

同じ部屋でもロースタイルの場合はかなり広く感じ、家具同士の隙間をそこまで空けなくてもすっきりと見えます。

視線の通る空間、家具の上の高い位置を空間を広く開けることで、錯覚による部屋を広く感じる効果が生まれます。

そういう意味では、狭い部屋や一人暮らしのワンルームなど、広く見せたい時におすすめなのがロースタイルインテリアです。

部屋に圧迫感がなく開放感が生まれる