ソファの通販Laana

ヘッダーバナー1

ホテルライクなソファでつくる、上質なリビング空間のススメ

ホテルライクなソファ

ソファを購入するときには、今よりもオシャレな空間を作りたいと考えるのが普通ですよね?。

そこで「できればリビングに高級感のある空間がつくれたら…」と考える方も多いのではないでしょうか。

皆さんは高級感のある空間として、どんな場所をイメージされるでしょうか。

たとえば、ホテルのロビーにあるラウンジやエントランス、中にはホテルのバーラウンジをイメージする人もいるでしょう。

そこに共通したイメージは、時間をゆったり感じられるような上質な空間があること。そこにはもちろんゆったりくつろげるソファがかかせませんよね。

そんな上質な空間づくりに役立つ、ホテルライクなソファの選び方から、高級感を感じられるリビング空間のつくり方のポイントをご紹介します。

ちょっとしたコツであなたのリビングが素敵な上質空間に生まれ変わりますので、ぜひ参考にしてチャレンジしてみてください。

ホテルライクなソファ選びのポイント

ホテルライクな上質空間を作るには、まずはソファ選びが大切です。

ホテルのラウンジやエントランスに置いてあるソファをイメージしながら、ソファ選びのポイントをまとめてみました。

シンプルなベーシックカラーのソファ

ソファの色は床材のカラーに合わせて選ぶのがおすすめです。

明るめのカラーでホワイト系やナチュラル系のフローリングであれば、ライトベージュのようなカラー、暗目のミディアム系の床の場合は、カラートーンも落としたダークブラウンやブラックのカラーがおすすめです。

またグレー系や大理石の床であれば、トーンを合わせてグレーなどの寒色カラーを選ぶと統一感のある仕上がりになります。

ただいずれにしても、ホワイトやブラック、ベージュやグレーなど、シンプルで落ち着いたベーシックカラーを選ぶのがポイントです。

高級感のある素材のソファ

高級感のある素材としては、レザーが第一候補になります。

見ための質感や肌触りなど、そのラグジュアリーな雰囲気で高級感抜群の生地といえます。

ただ一つ本革素材で難点があるとすれば、価格面でしょうか。お手頃価格で高級感のある素材として合成皮革がありますが、ご家庭のリビングの置くソファとしては、合成皮革でも十分に高級感を味わえるのではないと思います。

その他の素材としてはファブリックがありますが、ファブリックを選ぶ時にはあまりカジュアルな雰囲気にならないように、色合いとともに生地の質感に注意が必要です。

できれば落ち着いた色合いで、高級感が感じられる織りのしっかりしたファブリックを選びましょう。

オーソドックスなデザインのソファ

ホテルのエントランス部分をイメージしてみてください。多くの場合、直線的なデザインでカッチリしたイメージのソファが置かれていませんか?

ホテルという、様々な人々が訪れ、様々な用途で使用される場所では、フォーマルな雰囲気が必要なこともあって、もちろん例外もありますが、オーソドックスなデザインのソファが置いてあるケースが多いように感じます。

リビングの役割もそれと似たところがあり、様々な来客者の応対の場でもあるため、できればフォーマルな雰囲気が感じられるオーソドックスなデザインのソファを選ぶことがおすすめです。

またリビング空間を広く見せるために、あえてロータイプのソファを選んで、ホテルのフロントのような開放感をもたせるのもいいかもしれません。

リビングをホテルライクにするソファ、厳選おすすめ

ホテルライクなソファ選びのポイントを紹介しましたが、リーズナブルな価格で、ご家庭のリビングに置きやすい条件に合うソファを厳選して紹介したいと思います。

高級感のある合皮素材!ロータイプのシャープなフォルム

高級感のある合皮素材!ロータイプのシャープなフォルム

フロアコーナーソファ【LOWARD】ロワード

リビング空間を広く見せるロータイプのソファ。

ロースタイルであっても、高級感のある合皮素材を使用しているためあまりカジュアルにならず、シャープなフォルムの洗練されたデザインでリビングを上品に仕上げます。

グランドサイズソファでくつろぐ贅沢な上質空間

グランドサイズソファでくつろぐ贅沢な上質空間

グランドサイズコーナーカウチソファ【Loddi】ロッディ

家族みんなが集うリビングだから、ゆったりと座れるサイズのソファを置きたい。。

みんなソファをお望みの方におすすめの、少し大き目のサイズに設計されたグランドサイズソファ。

落ち着いたベージュとブラウンのバイカラー、特徴的な肘掛けなど、上質なデザインで他のインテリアともバランスの優れたソファです。

狭いリビングに適したコンパクト設計!レイアウトも自由

狭いリビングに適したコンパクト設計のソファ

コーナーソファセット【ALFRED】アルフレッド

コーナーソファでながらも、日本のリビングに適したコンパクト設計と、少し小さ目ですが、広い座面でゆったり座れます。

左右対称のセパレートタイプのソファなので、リビングに合わせて自由にレイアウトが可能です。

高級感あるふわふわのラグを一緒に

高級感あるふわふわのラグを一緒に

フロアコーナーカウチソファ【Levin】レヴィン

ホテルライクなソファを購入したら、その下に敷くラグも重要になります。

ホテルライクなソファは重厚感のあるデザインが多いですので、ラグも厚みのあるものやふわふわの毛足が長いタイプなどを選びましょう。

こちらもソファと同じくベーシックなカラーにまとめておくのがおすすめです。王道の選び方としては、ソファよりトーンを数段階明るく、あるいは暗くすると統一感が出やすくなります。

別要素のカラーをラグで入れてしまうと、印象がずっと変わらなくなってしまいますので、大きなインテリアはベーシックなカラーで統一しておくとよいでしょう。

クッションをたくさん置いて高級感を

クッションをたくさん置いて高級感を

上質な空間にするにはソファに置くクッションの要素も欠かせませんので、ぜひ取り入れていきましょう。

基本的にはソファと同系色を選ぶ、あるいは1つだけ濃いめのカラーを取り入れてアクセントにするなどのコーディネートが一般的です。

クッションを配置しておくだけで、きちんとした格式高いホテルのような雰囲気をつくることができます。クッションカバーを変えれば雰囲気の違いも楽しめますので、色味を入れるならここで取り入れるのがおすすめです。

生活感を排除した開放感ある空間づくり

生活感を排除した開放感ある空間づくり

ホテルライクな空間に一番無縁なのが生活感です。生活感が出てしまうと、途端に上質な雰囲気が消えてしまいますので、生活感を与えるキッチン用品やティッシュ、リモコンなどを見えないところにしまいましょう。

ものがない空間は開放感を与えてくれますので、テーブルの上にはお花だけというような状態をキープして生活感を徹底的に排除しましょう。

また、色味がたくさん存在していると、急激にホテルライクな印象が消えてしまいます。2色程度に収めて、要素を少なくすることで高級感のある雰囲気を醸し出すことができます。

間接照明と観葉植物で雰囲気を変える

間接照明と観葉植物で雰囲気を変える

ホテルでは基本的に間接照明が多く、リラックスさせてくれるようなあたたかみのある照明色が特徴的です。

照明も間接照明やあたたかいカラーの照明に切り替え、ホテルライクな雰囲気を醸し出しましょう。

また、ホテルには観葉植物も欠かせません。実際のホテルにも大中小さまざまなお花や観葉植物が飾ってあり、季節を感じさせてくれたりもします。

サイズの違う観葉植物を複数配置することで、リビングにホテルライクなゴージャスさをプラスできます。

まとめ

自宅をホテルライクな高級感のある空間にする方法として、ソファの選び方やリビング周りをどう整えればよいかをまとめてご紹介しました。

ソファだけ、ラグだけなどではなく、空間全体の雰囲気を醸し出すためにできるポイントがたくさんありますので、ぜひ参考にして素敵な住空間をつくってみてください。

このページで紹介した商品はこちらのショップでご購入いただけます。
豊富な品揃え、リーズナブルなお手頃価格のシンプルモダンインテリア家具Laana
きっとあなたのお気に入りが見つかります。

ソファの通販はこちら

関連記事

インテリアコーディネート実例


Copyright© 2018 シンプルモダンインテリア家具Laana All Rights Reserved.