シンプルモダンインテリア家具

ヘッダーバナー1

ローソファの選び方|サイズや座面の高さなど特徴のメリット

ローソファの選び方

ソファがあったらいいな…と思うシーンは生活の中で様々にあることでしょう。

でもソファを部屋に置くと圧迫感が出そうで不安という方は多いのではないでしょうか。
またそれほど部屋が広くない、一人暮らしだからそんなに大きなソファは必要ない、コンパクトなものでいいという方もいらっしゃることでしょう。

そんな時に、選択肢として上がるのがローソファです。

そこで、ローソファの特徴や選び方のポイントについて紹介してみたいと思います。

ローソファの特徴

座面が30㎝前後の高さで低いタイプのソファをローソファといいます。別名でフロアソファと呼ばれることもあります。

ローソファとフロアソファの明確な分け方はありませんが、脚付きも含めて広い意味で標準より低いソファをローソファ、フロアにソファの底面をベタっとつけて置くソファがフロアソファと呼ばれています。

日本人には長年馴染んだ床暮らしのためか、床に座る感覚に近いローソファはとても落ち着けるソファといえます。
同じく床に座るための座椅子というものもありますが、より座面や背もたれに柔らかいクッションがしっかりとあるため、座椅子よりゆったりと座れるのがローソファの魅力ですね。

ビジネスシーンでの応対などに使用されるソファは、かしこまったフォーマルな雰囲気のものが使用されますが、ローソファはとてもカジュルな雰囲気を持っています。

それはただソファが持つ印象だけではなく、ローソファの足を前に伸ばして座るというリラックスした姿勢も関係しています。

そういう意味で、ローソファはとてもリラックスできる雰囲気をもったソファといえるでしょう。

ローソファのおすすめポイント

部屋が広く感じられる

ロースタイルインテリアのメリットともいえますが、横幅などが同じ大きさのソファなら、ローソファは高さが低い分、部屋の上方の空間が広くなるため部屋が広く感じられます。

ソファは大型家具なので、ともすれば部屋に置くことでスペースをとるため圧迫感が出てしまうのですが、、低いタイプにするとその圧迫感を感じさせずにすみます。またローソファは、座った時の視線が低くなることも部屋が広く感じられることの理由の一つです。

ゆったり感がある

ローソファに座った時のゆったり感は、低いソファに座った時に天井が高くなることにより、開放感が得られることにもありますが、座面が低いため足を投げ出して座れる姿勢により、ゆったり感があることもメリットです。

背もたれに背中を預け、足を伸ばしてくつろぎたいならローソファがおすすめです。

お子様やペットに安心の低さ

小さなお子様がいるご家庭でソファを置くことを考えた時、ソファの座面が高いと、ソファの上ではしゃいでジャンプしたり転落するといった不安があります。

同様に犬などのペットを勝手いるご家庭では、子犬がソファへの上がり降りや、はしゃいで座面からの飛び降りた時に足腰に負担がかかるため、関節など怪我をしないか心配があることでしょう。

もともとローソファは座面が低いものですが、極力低いものを選べばお子様やペットにも安心です。

和室にも合わせやすい

和室でもソファを置きたいという方はいらっしゃると思いますが、どんなソファでも合うかというとそうではありません。

和風に洋風のソファを置くことになるため、雰囲気を壊さぬよう注意が必要です。

和室では座布団や座椅子で床に座るというロースタイルの生活がイメージに強くあるため、背の低いローソファがよく馴染み合わせやすいといえます。

こたつと相性が良い

日本人なら冬になると、リビングではこたつで過ごすという人も多いと思います。

和室と同様に、こたつには座布団や座椅子というイメージもありますが、ローソファの座面の低さはこたつと相性がとてもよく、最近ではソファに座りながらこたつでくつろぐというのが、新しいリビングでの過ごし方の一つにもなっています。

ローソファ選びのポイント

サイズ感

ローソファ大きさは1人掛け、2人掛け、3人掛けを中心として、その他にも1.5人掛け、2.5人掛けといったサイズまで、ソファの種類の中では特に数多くありますが、まずは生活の中でどんなシーンでソファを使うのか、よくイメージしてみましょう。

そのことで用途に対して無駄に大きい、結局ソファを使わないといった失敗を防ぐことができます。

座面の高さ

座面の高さが低いのがローソファの一番の特徴ですが、その高さもかなり低い10cm程度から30cm程度のものまでと幅があります。

小さなお子様がいらっしゃるご家庭や、室内犬を飼っている時は、座面が15cm以下の高さのソファにすると安心です。

また、こたつに合わせる時も同様に15cm程度がいいでしょう。

ただし足腰のお悪い方やご高齢の方がいらっしゃるご家庭では、あまり低いと立ち上がる時に負担になることもあるので注意が必要です。

脚を取り外せるローソファも

ローソファの中には脚を取り外してフロアタイプとして使用できるものもあります。
たとえば普段は脚付きソファとして使用し、冬にこたつに合わせる時は脚を取り外してフロアタイプとして使用するなど、その汎用性の高さが魅力です。

まとめ

ローソファはお部屋を広く見せる効果があり、一人暮らしの方で、特にスペースの少ないワンルームなどでソファを置きたい方にはおすすめです。
とてもコンパクトなサイズものも選べるのもローソファの魅力の一つです。

きっとあなたのお部屋にぴったりなソファが見つかるはずです。

関連記事

豊富な品揃え、リーズナブルなお手頃価格のシンプルモダンインテリア家具Laana
きっとあなたのお気に入りが見つかります。

シンプルモダンインテリア家具Laana


Copyright© 2017 シンプルモダンインテリア家具Laana All Rights Reserved.