シンプルモダンインテリア家具

ヘッダーバナー1

ソファとテレビの配置はここに決定!最適な距離や高さとレイアウト

ソファとテレビの配置

お家でのリラックスタイムはソファでテレビは絶対欠かせない!
テレビ三昧が休日の過ごし方!という方は多いのではないでしょうか。

そんなライフスタイルの中で重要なポジションにあるソファとテレビ。

いつもテレビにかじりついているという、テレビっ子のあなたが絶対に知っておくべき、テレビを存分に楽しむための、ソファとテレビの配置をご紹介します。

これを知っておくとよりリラックスした状態でテレビを楽しむことができますよ。

ソファとテレビの配置を決めるための3つのポイント

リビングのテレビの配置のポイント

リビングの配置の重点をどこに置くかはいろいろなポイントがあり、ライフスタイルによっても変わる部分でしょう。

ほとんどテレビを見ないという方にとっては、また違った発想のレイアウトもありますが、リビングの配置の主役はソファとテレビになることが多いと思います。

特にテレビが休日のお供、相棒となる方にとっては、そのポジションはとても重要で、リラックスしてテレビを楽しめるかどうかは、ソファとテレビの配置が決め手となります。

そこで次にソファとテレビの配置を決めるための3つのポイントを整理してみます。

アンテナ差込口やコンセントの位置

ソファとテレビ、どっちの置き場所を先に決めたらいいの?
そんな疑問もあると思いますが、でもちょっと待ってください…

テレビを置くのはどこでもいいというわけではなく、アンテナ差込口やコンセントの位置が関係してきます。
そこでまず一番最初にその位置を確認して、テレビの配置をイメージしてみましょう。

ほとんどの場合、テレビを置くことをあらかじめ意識して、アンテナ差込口とコンセントは同じ場所に隣接してあるはずです。理想的なのはその壁側の近辺の位置が、テレビを置くのにしっくりとくる場所であること。

部屋の同じ壁側のテレビボードで隠せるぐらいの位置調整ならいいのですが、少し離れた場所に置く場合は、長いアンテナ線と延長コードが必要になりますよね。

その場合、合わせてコード類の目隠しの方法も考える必要があります。

反対の壁側に設置するとなるとそこまでコード類を引き回さなければなりません。目隠しにケーブルカバーを使用するということも考えられますが、特に賃貸住宅の場合は、それが可能かどうか十分な検討が必要です。

ソファとテレビの配置角度

最近の家庭用テレビの液晶ディスプレイの性能は素晴らしいものがありますね。

ほとんどの視野角が170度以上、中には180度なんていうテレビもあります。
180度というと真横からでも見えるということですね。

しかしここでのテーマはいかにリラックスしてテレビが見れるかということ。
もちろん理想はずばり、ソファに座った状態でテレビの画面が真正面になる配置角度です。

この発想で検討すると、テレビの位置が決まれば必然的にソファの位置も決まってきますね。
これでいつでもテレビを見るための自分の特等席としてのソファになります。

太陽光の差し込みを考えた窓の位置

昔のブラウン管テレビに比べると、最近の液晶テレビはずいぶんと見やすくなったと思いませんか?

もちろん画質がアップしていることもありますが、これは液晶ディスプレイの表面に特殊なコーティングがしてあり、映り込みが軽減されているからです。とはいえやっぱり窓からの外光対策は必要で、そのためには光の差し込みを考えた窓の位置を考慮する必要があるわけです。

会社でパソコンを使用している時、窓からの太陽光が差し込んで画面がとても見にくい経験をされたことはありませんか?また、屋外でスマホやタブレットを使用すると、画面の明るさによっては太陽の光で全然見えないなんてこともあります。

テレビも同様に、太陽の光が直接当たるようなテレビと窓の位置が正対するような位置関係は絶対に避けた方がよく、太陽の光があたってしまうと、せっかくの高画質のテレビが台無しになってしまいます。フルハイビジョン液晶や4K、8Kと、どんどん高画質化しているテレビも、太陽の光があたって見えにくいのであれば何の意味もありません。

理想はテレビの画面に対して、太陽の光が真横から差し込む窓の位置関係ですね。

ただ、先述の2つのポイントを検討した上で、どうしても太陽の光があたるのを避けれない場合、カーテンで遮光するという対策が必要です。

テレビの見やすさを左右するソファの距離と高さ

テレビ鑑賞はとても楽しいので、はまってしまうとついつい長時間見てしまうもの。
休日ともなると、一日中がテレビ三昧という方もおられると思います。

テレビを長時間見ていると身体はリラックスしているはずなのに、なぜか疲れるなんてこともあったりします。

そう、長時間見ていると目が疲れるんですね。

ちょっとしたテレビとソファの距離や高さ違いで見やすさが左右され、目の疲れも軽減されるのでぜひ、このポイントもぜひおさえてください。

テレビとソファの距離の目安

何かを見るときに目線の動きが多いと疲れるのはなんとなく想像がつくかと思います。

テレビは画面に対して近すぎると、目線が常に映像の動きを追いかけるようになるため、もっと極端なところで影響がでますね。特にスポーツ観戦などは映像の動きも激しいため、知らず知らずのうち目の疲れも多くなります。

画面の高さの約3倍の距離がテレビを見るのにちょうど良い距離と言われています。疲れずに見られる距離を目安にソファとテレビを配置しましょう。

例えば40型のテレビの画面の高さは約50cm、つまりテレビとソファの間隔は約150㎝程度が見やすい距離ということですね。

テレビが見やすいソファの高さ

テレビが見やすいソファの高さ

テレビやPCの画面を見るときには上から少し見下ろす形にすると疲れにくいと言われています。映画館の席を想像すると見上げる辛さは想像できますよね。

首の疲れだけではなく、画面が視線の上にあると目が乾きやすくなります。
特にドライアイの症状がある方は注意が必要ですね。

少し見下ろすという角度は、目線から10~15度程下に画面中央が来るような高さを選ぶと見やすいと言われています。

ここで考慮しなければならないのは以下の点です。

・テレビボードの高さ
・テレビ自体の高さ
・ソファの座面
・リラックスした時の自分の目線の高さ

目や首が疲れることを毎日リラックスタイムにすると考えたら、逆に疲れが溜まってしまいそうです。ぜひテレビのソファの距離や高さを意識して調整してみてください。

まとめ

リビングでくつろぐには欠かせない暮らしのパートナーのテレビとソファ。

今回は、いかにリラックスしてテレビを見るかというポイントにこだわって、テレビとソファの配置や距離、高さについて考えてみました。

もしかしたらソファを購入するときに初めて意識することばかりかもしれませんが、それぞれを意識して調整して、テレビのリラックスタイムをお楽しみください!

関連記事

豊富な品揃え、リーズナブルなお手頃価格のシンプルモダンインテリア家具ラーナ。
きっとあなたのお気に入りが見つかります。

シンプルモダンインテリア家具ラーナ


Copyright© 2017 シンプルモダンインテリア家具Laana All Rights Reserved.