シンプルモダンインテリア家具

ヘッダーバナー1

ソファ購入時に忘れがちの奥行き!使用用途に合わせた選び方とは?

ソファの奥行き

ソファを購入した時、サイズで失敗しがちなのは横幅の長さ、そして高さ、その次に奥行きが入ってきます。

このソファのサイズの中でも奥行きは意外と盲点になりがちなんですね。

ソファを実際に置いてみたら、またはしばらく使ってみたら、奥行きがもっと◯◯だったら良かったのに…なんて全く想定していなかった事態も起こりやすいもの。

今回はそんな地味に失敗してしまいがちな、ソファの奥行きにスポットを当てて選び方をご紹介します。

ソファの奥行きを選ぶときのポイント

ソファの奥行きは45cm程度の浅めのものから、60cm超える深めで広々したサイズのものまで様々にあります。

そこでソファの奥行きを選ぶときのポイントは大きく分けて2つ。
それがソファを設置するスペースとソファの使用用途ということですね。

まずソファを設置するスペースを最優先に考えて、奥行きを選ぶ必要があるのは言うまでもありませんよね。

座り心地が良さそうだからと、どんなに奥行きがあるソファがいいと思っても、設置するスペースが確保できなければどうしようもありません。

ここでソファの奥行き選びに関して一点注意点があります。

一言で奥行きと表現しても背もたれを含めたソファ本体の奥行きと、背もたれから“内側の奥行き”つまり座面の広さという意味の二つがあります。

ソファを設置するスペースを検討する場合はソファ本体の奥行きを、使用用途を検討する場合は“内側の奥行き”をカタログスペックで確認しましょう。

ただ物理的に置ければいいというものでもありません。望んだ奥行きのソファを置いたものの、そのために部屋がとても狭くなり、トータルで考えると居心地の悪い生活空間となってしまってはだいなしです。

特にワンルームや狭い部屋にソファを置くことを検討している場合は、設置するスペースと、ソファの用途や座り心地などを考慮して、トータルでみてバランスのいい奥行きのソファを選ぶ配慮が必要です。

ソファの奥行きを使用用途で考える

ソファの購入目的や使用用途、ライフスタイルによっても選ぶ奥行きサイズが変わってきます。

ソファの奥行きの違いによってどんな使い方ができるのか、奥行きのサイズ別にご紹介していきますので、ご自分の用途に合わせて参考に検討してみてください。

奥行き50cm以下のソファの使用用途

奥行き50cm以下のソファの使用用途

まず奥行きが50cm以下のソファについてですが、具体的には45㎝前後のかなり浅めのソファのことです。
そのソファの特徴はやはり座る時のスタイルにあります。

座面の奥行きがない分、前傾姿勢や背筋を正して座ることが多い場合に向いています。
背もたれがほぼ直角に近い角度になっているソファが多いのもそのためですね。

その他のメリットとしてはとにかく省スペースということ。
ただソファの使用用途としては、ある程度限定的になるかもしれません。

ダイニングソファ、リビングでのティータイム用

ダイニングソファ、リビングでのティータイム用として使うソファの場合は、ほぼ前傾姿勢か背筋を正して座るかしかないので、やはり奥行きがあまり無いタイプがおすすめ。

むしろ奥行きがありすぎると、腰のあたりに何も支えがなくなってしまうので落ち着いてお茶を飲みづらくなります。

特に女性の場合はこれくらいの奥行きサイズだと綺麗な姿勢でティータイムができますね。

一般的な来客用

一般的な来客用であれば、あまり背もたれを使わずに座るサイズがおすすめ。
長時間でなければ後ろがゆったり倒れているタイプよりも、こちらの直角な背もたれの方がかえって楽に感じます。

個室の一人掛け用

個室で一人だけ座るような場合はあまりスペースもないので、奥行きが無いソファの方がじゃまにならずに便利です。

エントランスのベンチ用

靴を脱ぎ着するときに支えにしたり、座ったりするエントランスベンチとして使う場合は背もたれが地面に対して垂直でないと支えになりませんし、座る場合も前傾姿勢にしかなりません。

さらにエントランスの壁に添わせて使う場合を考えても、背もたれが直角に近いソファの方が置きやすく都合がいいと思います。

ディスプレイ用

絵画の下に飾るディスプレイ用や、インテリアとして壁沿いにおいて置きたい場合、そもそも目的が座ることにはありませんし、スペースを取らないことを最優先で考えるのがいいと思います。。

奥行き50cm~60㎝のソファの使用用途

奥行き50cm~60㎝のソファの使用用途

カバーリングフロアコーナーソファ【COLTY】コルティ

一般的な奥行きとなるのが50cm以上のソファ。
数多くのソファが50cm~60㎝ぐらいまでの奥行きのサイズに入ります。
座面の奥行きが50cm以上あればゆったりと座れるので、使用用途としては、ある意味オールマイティなサイズと考えていいと思います。

ソファの購入を検討する時は奥行き50cmという数字を目安に考えればいいですね。それよりサイズが大きくなればなる程、ゆったり感も増していきますので、ゆったり感を求める度合いによって奥行きサイズの大きいものを選べばいいと思います。

長い時間応接する来客用

比較的長い時間応接するスペースに置くソファであれば長時間同じ姿勢でいるのは辛いですから、背もたれに身をあずけて談笑できるように余裕をもった奥行きにしましょう。

リビングでの団らん用

リビングで食後に家族が集まって団らんする場合や、休日にテレビを見ながら談笑するようなシーンで使う場合は背もたれまで余裕がある奥行きのソファがピッタリです。

座る方が女性であれば背中にクッションを挟んだ方が座りやすくなるので、別に購入するか、オプションに設定があればクッションも一緒に購入すると快適に座ることができます。

奥行き70cmのソファの使用用途

奥行き70cmのソファの使用用途

フロアコーナーカウチソファ【LUFAS】ルーファス

奥行きが70cmともなればかなり広く感じますね。
小さな子供さんなら足を伸ばしてをゆったりと座らせることができたりと、それ程の広々としたスペースがソファの座面にあるのがこの奥行きのソファです。

読書や映画鑑賞、ごろ寝やお昼寝など、よりリラックスできるスタイルをお望みの方におすすめです。

リラックスした読書や、テレビ、映画鑑賞用

読書の場合、横向きに足を伸ばして座り、ももの上にクッションを置いてそこを本を置く場所にして読んだり、テレビや映画鑑賞の場合もあぐらをかいたり寝転がったりと、様々な姿勢の変化に柔軟に対応できるのでとてもリラックスできます。

オットマンを足置き代わりにしたり、シェーズロングつきのソファにすれば、足をゆったり伸ばした姿勢をとれるので、ソファの奥行きを最大限生かすことができますね。

お昼寝のデイベッド用

休日の昼下がり、うとうと気持ちよくなってきたら、ソファをデイベッド代わりにしてお昼寝するのにも余裕のサイズ。

すぐにお昼寝モードに突入できるよう、枕代わり用のクッションを傍らに置いておくのも良し、背もたれを外してそのまま枕クッションできるタイプのソファもあったりと、お昼寝が趣味という方にピッタリのソファですね。

まとめ

ソファの奥行きでも、ついうっかり見落としががちなのが座面の奥行きです。
そのため様々な使用用途に合わせた、ソファの座面の奥行きを中心にご紹介してみました。

使用用途の違いによっては、ソファの奥行きで使い勝手や座り心地が大きく変化するので、設置するスペースとソファのサイズを考慮しつつも、自分の使用用途をよく検討してから購入されると失敗することはありませんね。

どうぞ参考にして理想のソファライフを送ってください。

関連記事

このページで紹介した商品はこちらのショップでご購入いただけます。
豊富な品揃え、リーズナブルなお手頃価格のシンプルモダンインテリア家具Laana
きっとあなたのお気に入りが見つかります。

シンプルモダンインテリア家具ラーナ


Copyright© 2017 シンプルモダンインテリア家具Laana All Rights Reserved.