シンプルモダンインテリア家具

ヘッダーバナー1

ソファの背もたれの高さの違い、低いのと高いのはどう選ぶ?

ソファの背もたれ

ソファの背もたれに寄りかかって一息。そしてゆったりとリラックスタイム。

家族団らんの時、仕事で疲れた身体を癒したい時、読書やテレビタイムなど、いろいろな生活シーンの中でくつろぎの場所となるのがソファです。

そんなリラックスタイムの場所となるソファですが、そのくつろぎスタイルは生活シーンで人それぞれ。

そのくつろぎ方に関係していそうなのがソファの背もたれの高さです。
でも、ソファの背もたれにも高いものから低いもの、ハイバックやローバックといろいろな高さがあって、どういう基準で選べばいいか迷いますよね。

ソファの背もたれの高さの選び方を、置く場所や用途の違いにポイントを絞ってみましたのでご紹介します。

ソファ背もたれの高さ

ソファの背もたれの高さにはどれくらいのものがあるのでしょうか?

まずソファ背もたれの高さについての紹介から始めてみます。

ソファの背もたれの高さは低めものをローバックソファ、高めものをハイバックソファと呼び、おおまかに分けるとこの2つに分かれます。

ハイパックソファははソファの種類としてもポピュラーですが、もしかするとローバックソファという呼び名はあまり一般的ではありません。しかしここでは背もたれの高さを比較する意味でローバックソファという呼び名で通します。

その高さの基準はローバックソファは床から背もたれの上部までが70cm前後、背もたれが肩よりも下の高さとなり、それに対して90cm前後で背もたれが肩よりも上に、さらに後頭部にかかるぐらいまであるのがハイバックソファです。

その中間の80cm前後の高さは普通なので、あえてどちらかには分類はしないのが一般的ですね。

ローバックソファ、ハイパックソファ、それぞれにメリット、デメリットがあるので選び方のポイントと一緒にご紹介していきます。

ソファをリビングに置く場合

まず考慮したいのがソファをリビングに置く場合。

ソファはリビングに置いてゆったりするために購入する人が圧倒的に多いと思いますが、リビングに置く場合はソファの背もたれの高さに応じて配置を考慮しなければなりません。

ローバックソファを置く場合

ローバックソファを置く場合

フロアコーナーカウチソファ【Withlow】ウィズロー

ローバックソファのメリットとして人の肩よりも低いので見通しが良く、全体が見渡せることから、圧迫感がなくお部屋に馴染んでくれるというものがあります。

そのため広々と開放的なリビングにしたい場合はローバックソファが断然おすすめですね。

最近の戸建やマンションは、リビングとダイニングが一つのお部屋の空間にあるケースが多いのではないかと思います。つまりソファとダイニングテーブルセットが隣接して配置されているということですね。

その場合、例えばテレビがダイニングに向けて配置されている場合、ダイニングチェアに座って食事をしながらテレビを見るということもあるでしょう。

ローバックソファの場合は、例え間にソファがあってもダイニングチェアに座りながらテレビを見ることができますし、リビングダイニングを区切る形にソファを置いていたとしても圧迫感がない空間にすることができます。

もしリビングとダイニングが別な部屋、もしくは別な形で区切られている場合は問題ないかもしれませんが、一つの空間の中でダイニングテーブルを置いて食事する場合も圧迫感のないローバックソファがおすすめです。

ハイバックソファを置く場合

ハイバックソファを置く場合

ハイバックソファ【Liveral】リベラル・グランドカウチ

それに対してハイバックソファの場合、ソファの高さに合わせて配置したテレビが半分程度隠れてしまうことが多くあります。特に家族の誰かがソファに座っていると、テレビの画面が遮られてダイニングからは見えないということも想定されますね。

また、ソファの1m近い高さの背もたれによって空間が仕切られ、リビングを見渡すことができなくなり、せっかくの広いお部屋が狭く感じられたり、圧迫感を感じる空間になってしまいます。

そのためハイバックソファをリビングに置く場合は、背もたれをぴったりと壁に付けて配置するのがおすすめです。

ソファの用途で背もたれの高さ考える

ソファをどんな用途で使用するか、どんなくつろぎ方をするかによっても、背もたれの高さが影響することが考えられます。

そこでソファを使用するいくつかの生活シーンで背もたれの高さについて考えてみます。

家族や友人との団らんの場合

リビングで家族や友人との団らんの時、会話が弾んだり飲み物を飲みながらの会話では前傾姿勢になることが多いので、この場合はローバックソファが合いそうです。

ずっと寄りかかるわけでなければ肩より上の支えが不要なためローバックソファをおすすめします。

また背もたれに寄りかかって肩より下にある背もたれに腕をかけたラフな姿勢での会話も、リラックスした会話が進みそうですよね。

映画を長時間見る場合

映画観賞を邪魔されずに楽しみたい!という方は映画館のハイバックシートのように肩よりも上に背もたれがあるハイバックソファがおすすめ。

長時間映画鑑賞をしていると首から腰に掛けてが疲れてくるのですが、背もたれがしっかりサポートしてくれます。

また背もたれの高さによって、背面が隔絶されたような自分だけの空間の雰囲気が出るので、集中して見ることができそうですよね。

映画鑑賞専用のソファとして、一人掛けか二人掛けサイズのハイバックソファを別に用意するのもいいかもしれませんね。

読書やごろ寝などをする場合

読書好きに方にとって悩ましいのが首と肩こりの問題。
本を持っている姿勢を長時間続けていると意外と疲れるものですよね。

読書をする場合は、ゆったりと体を背もたれに預けた姿勢が首や肩もリラックスできるので、ハイバックソファがおすすめです。

同じ読書をするにしてもごろ寝スタイルが多い方、またソファでは寝転がったりすることが多く、背もたれに寄りかかる時間が少ない場合はローバックソファの方がいいかもしれませんね。

まとめ

ソファの背もたれの高さを選ぶポイントをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
ゆったりとソファで家族や友人との団らん、一人で映画鑑賞や読書などの趣味を楽しむくつろぎのリラックスタイム。

ソファで過ごす時間は暮らしを豊かにしてくれるひと時といえます。
そんなソファですが、置く場所や生活シーンの中でのソファの使い方、座る時間などいろいろなことを考慮して、自分にくつろぎ方法にぴったりなソファを見つけてください。

関連記事

このページで紹介した商品はこちらのショップでご購入いただけます。
豊富な品揃え、リーズナブルなお手頃価格のシンプルモダンインテリア家具Laana
きっとあなたのお気に入りが見つかります。

シンプルモダンインテリア家具Laana


Copyright© 2017 シンプルモダンインテリア家具Laana All Rights Reserved.