シンプルモダンインテリア家具

ヘッダーバナー1

ワンルームでもソファは置ける!快適なソファのレイアウトのコツ

ワンルームでも置けるソファ

ワンルームにソファを置くなんて無理!と最初から諦めていませんか?

確かにワンルームの狭い部屋に物理的に大きいソファを置くことは、へたをするとさらに部屋が狭くなることで、快適性が損なわれることにもなりかねません。

でも実はコツをつかめばワンルームでもソファのある快適な暮らしができるのです。

そこでワンルームに合うソファ選びと、快適なソファのレイアウトのコツについてご紹介します。

ワンルームに合うソファとは

まず、ワンルームに合うソファについて考えてみたいと思います。

狭い部屋でもいかに広く快適に使えるか、そしてコストパフォーマンスが大事なそのポイントになります。

コンパクトなサイズのソファ

ワンルームに合うソファ選びで一番大切なことは、なんといってもサイズです。

いくらでもスペースかあるなら、大は小を兼ねるといった発想もありえますが、限られたスペースでは必要最小限が基本。

2Pや1.5Pのコンパクトなサイズなら、ソファを置くのをためらう狭い部屋でも圧迫感なく置くことができます。

また同じサイズでも、肘掛けがあるものよりは肘なしのソファ。
脚があるものよりは脚のないフロアタイプのソファがおすすめです。

コンパクトなサイズなら、なおさらそのサイズを有効利用したいもの。肘なしのソファの方が座面が広くなりリラックスしやすいのです。

そして狭い部屋ならできるだけ低い家具を選ぶというのは鉄則です。
そういう意味ではフロアタイプの低いソファの方が部屋を広く感じられるのです。

一台二役的なソファ

2つの機能を兼ね備えた一台二役的なソファもおすすめです。

その代表的なものでは例えばソファベッド。

普通のソファからカウチやベッドと、一台で三役的にスタイルが変化するもの。

収納スペースのついた多機能をうたったもの。

肘掛けを倒してベッドになるものなど、ソファベッドにもいろいろなタイプがあります。

限られたスペースに置くソファです。できるだけその利用価値が高い方がうれしいものですよね。

低価格のソファ

今、ワンルームにお住まいの理由はなんでしょうか?

学生の一人暮らし、就職に伴って一人暮らしを始めたなど、理由は人それぞれだと思いますが、永久的にそのワンルームに住み続ける方は少ないと思います。

ソファは部屋に合わせて選ぶもの。引っ越しをすればまた違うソファを購入することも必要になるでしょう。

そのワンルームで使うソファもそんなに長く使うものではありません。

そういう意味では、ソファのコストパフォーマンスも重要になってきます。
長く使える高価なソファが必ずしもいい選択とはいえず、買い替えも考慮したお手軽な価格のソファを選ぶことも大切です。

ワンルームにソファを置くレイアウトのコツ

ワンルームにソファを置くためには、レイアウトに工夫が必要です。

いくつかの代表的なソファの配置パターンとともに、レイアウトのコツを紹介したいと思います。

ソファとベッドを逆Lの字にレイウウト

ソファ逆Lの字レイアウト

まずはソファとベッドを逆Lの字にに並べたパターンです。

大きなベッドを部屋の奥に配置し、ソファの背とベッドの背を壁で合わせています。

一番のポイントは部屋の入り口周りのスペースを広く取ることで、入り口から見て広々と感じさせることができます。

また、ソファに座った時にも手前に広めの空間ができるので、リラックス感も高くゆったり過ごせます。

このように、逆Lの字にソファとベッドを配置すると、一見空間が広がったように見えるので、狭いワンルームでは王道パターンともいえるレイアウトでおすすめです。

ソファとベッドをシェルフで区切るレイウウト

ソファをシェルフで区切るレイアウト

ソファとベッドをくっつける場合でも、ベッドとソファの間に低めのシェルフを挟むと目線にベッドが入らず、ストレスを感じない空間になります。

ソファに座った目線と同じくらいの高さでも、2つの部屋ができたような感覚が味わえます。

また、ベッドとソファがくっついていない場合でも空間を2つに分けてリラックス空間を作り出すことができます。

お手持ちのシェルフの配置を変えて空間を区切ると、雰囲気がかなり変わるのを感じられるはずです。

ベッドを縦に置いた時のレイウウト

ベッドを縦に置いた時のレイアウト

ベッドを壁に沿って縦に置いた時のソファのレイアウトを考えてみます。

この場合は、できるだけロータイプのソファを手前に置き、ベッドをその奥に逆Lの字に置くと奥行きが出て圧迫感が少なくなります。

ソファの位置はいろいろと考えられますが、座った時の目線の先が大切です。

目線の先が部屋の入り口に向いている場合の場合、無意識の内にもストレスを感じることがあるので注意が必要です。

インテリア同士の隙間を空ける

部屋を広くみせるのに意外に大事なインテリア同士の隙間です。

ピチピチにくっついていた方が広く見えると思いがちですが、空間には“抜け”が必要なのです。

同じ理屈で壁にピッチリとソファをくっつけるよりも、少し空けて配置しておく方が部屋が広く見えます。

ちょっとの変更で印象がガラリと変わるテクニックなのでぜひ試してみてください。

ワンルームに置くおすすめソファ2選

シンプル&コンパクトソファ

シンプル&コンパクトソファ

コンパクトソファ【Pechka】ペチカ

女性の一人暮らしにぴったりのシンプル&コンパクトサイズのソファ、【Pechka】ペチカ。

2Pだと大きすぎる、1Pだと物足らない、そんな横幅が100㎝というソファはありそうで探すと意外と無い、狭いワンルームにはぴったりサイズ!

どのカラーも素敵で選ぶのに困る、グリーン、ベージュ、プラウン、ネイビーの4色。
可愛いくて小さいけど存在感のあるソファです。

おしゃれ&ハイセンスソファ

おしゃれ&ハイセンスソファ

カバーリングモダンデザインローソファ【ORGA】オルガ

おしゃれなフォルムが特徴的な、置くだけで普通ではないセンスを感じさせるソファ、【ORGA】オルガ 。

このソファの独特なフォルムやラインはただ見た目だけではありません。
その有機的なデザインは座り心地、寝心地も文句なしです!

カラーはおしゃれで落ち着いた色合いのグリーン、ネイビー、プラウンの3色。
お部屋のスパイスとなることうけあいです!

まとめ

ワンルームの一人暮らしでソファを諦めていた方でも、使い方や用途をイメージしながらインテリアの構成の考えなおしをしたり、配置を工夫することでソファのある生活が手に入ります。

ソファが生活にあるだけで、リラックス感がひと味もふた味も違うものになることでしょう。

もっと快適にリラックスして過ごせる部屋づくりのために、ぜひ一度じっくりと考えてみてください。

関連記事

このページで紹介した商品はこちらのショップでご購入いただけます。
豊富な品揃え、リーズナブルなお手頃価格のシンプルモダンインテリア家具Laana
きっとあなたのお気に入りが見つかります。

シンプルモダンインテリア家具Laana


Copyright© 2017 シンプルモダンインテリア家具Laana All Rights Reserved.