シンプルモダンインテリア家具

ヘッダーバナー1

ベッドのきしみ音の原因と対策|うるさいギシギシ音の防止や解消方法

ベッドのきしみ音

寝返りを打つたびにギシギシと鳴るベッドのきしみ音。

あの嫌な音で寝つきが悪かったり、目が覚めたりなんてこともありますよね。

また恋人同士や夫婦ならベッドで仲良くすることもあると思いますが、やはり悩まされるのが、あのキィキィギシギシとベッドがきしむ音。その音で気が散ってしまったり、集合住宅ならお隣りに音が聞こえてしまわないか、苦情にならないかと気が気ではないと思います。

不快な音の代表として、よく黒板を引っ掻く音、金属が擦れる音などがあげられますが、ものが擦れる時の音は、雑音の中でも一番不快なタイプの音です。

だからベッドがきしむ音も同様にとても不快ですよね。

なんとか改善したいベッドのフレームやすのこ、マットレスのきしみ音。その原因のチェックポイントや対策方法を考えてみたいと思います。

ベッドフレームに原因がある場合のきしみ

ベッドフレームに原因がある場合のきしみ

多くの場合、ベッドのフレーム自体がきしみの原因となっています。
その原因を特定するために、まずマットレスや床板を外した状態でフレームを軽く揺すってみてください。

その状態できしみ音が確認できた場合は、ベッドフレームに原因があるということなので、次のポイントをチェックしてみます。

フレームの接続部分のネジやボルト類の緩み

フレームの接続部分

ベッドフレームのきしみの原因として一番多いのが、フレームの接続部分に使われているネジやボルト類などの金具の緩みです。

木製フレームの場合、サイドレールの両端と、ヘッドボード、フットボードなどのフレーム部材がそれぞれ金具で接合され、ネジ止めされているはずです。金属フレームも同様に、各パイプがネジやボルトで接合されています。

その接合部分に緩みや遊びが生じ、フレーム部材同士が擦れることできしみ音につながるケースが大変多いのです。

組み立て式のベッドでは、最初からしっかりとネジが締まっていなかったことも考えられますし、使用するうちに振動や荷重がかかることにより、自然に緩んだり遊びが出てきたりしている場合もあります。

対策方法

対策方法としては、まず一番最初にすべてのネジやボルト類を絞め直し、再度フレームを軽く揺すってきしみ音が解消されたかどうか確認してみてください。

ネジやボルト類の緩みが原因であった場合、これで解消されるケースが多くあります。

またネジとネジ穴に遊びが生じ、締まりにくくなっている場合もあります。

その場合はネジとネジ穴の間に、ホームセンターなどで入手可能なゴムワッシャーを噛ますことによって、ネジを強く締め付けることが可能です。

それでも解消されない場合、フレーム部材の噛み合わせが悪いことによってきしみ音が発生している場合も考えられます。その場合、一度ネジやボルト類を外してフレームを組み直してみるということも有効です。

木製フレームの接続部分などのすり減り

木製フレームの場合は、長年ベッドを使用しているうち、接続部分や床面に接地する部分がすり減ってしまうことがあります。

接続部分がすり減りは、ネジ類の緩みなどの原因により、長期間フレーム部材が擦れ合わされることによって生じます。

床面に接地する部分のすり減りも同様に、フレーム部材のゆがみなどが原因となります。

対策方法

先述の、ゴムワッシャーを噛ましてネジを強く締め付けることできしみ音が解消される場合もありますが、すり減り具合が大きい場合は、そのすり減り箇所に薄いフェルトなどを貼って対処します。

薄いフェルトを貼ることによって、すり減り分を補うことができます。

また、このフレームのすり減りが原因と想定されるケースでは、きしみ音の原因となっている箇所の特定が難しい場合もあります。その時は、とりあえず全てのフレーム接続部分にフェルトを貼ってみるという対策も効果的です。

金属フレームの擦れ合わせ

パイプベッドはフレームが金属でできており、この金属パイプが擦れ合わされることによって、あの嫌な金属が擦れるタイプのきしみ音の原因となります。

また金属フレームの場合も木製フレームと同様に、接続部分のすり減り、フレームのゆがみなどが原因による擦れ合わせで、きしみが生じるケースが多くあります。

対策方法

金属フレームの場合、特にネジやボルト類にゴムワッシャーを噛まして強く締める方法が、金属と金属の間のクッションにもなるため効果的です。

しかしそれでもきしみが解消されない場合、金属フレームの接続部分とネジに潤滑油を注すことが対策として効果があります。

接続部分にピンポイントで潤滑油を注すには、スプレータイプの潤滑油を用意すると簡単にできるのでおすすめです。

床板に原因がある場合のきしみ

床板に原因がある場合のきしみ

次に、ベッドの下に敷く床板がきしみの原因になっている場合も多くあります。
特にすのこ状の床板の場合、比較的きしみが発生しやすいようです。

床板とフレームの擦れ

床板はベッドフレームの桟木に乗っているわけですが、床板に荷重がかかり、この部分が擦れることによってきしみ音が生じていることがよくあるのです。

この擦れる状態が継続すると、その部分がすり減り隙間が大きくなるため、きしみもさらに大きくなります。

また床板とフレームの枠の一部が接触して擦れている場合もありますね。

床板は長年使うことで荷重がかかったり湿気を吸うことで、歪みが生じることもあり、この歪みも擦れを助長させる要因となります。

対策方法

対策方法としては、床板とフレームの間にフェルトを貼るのが効果的です。このフェルトが滑り止めになることによって、擦れることを防止します。

また若干の擦れが生じても、木と木が擦れるギイギイといったきしみ音は解消されるはずです。

きしみの生じている場所の特定が難しい場合、フェルトを貼る箇所を、フレームの桟木の上面、床板側でフレームと接触している部分など、いろいろ試してみてください。

マットレスに原因がある場合のきしみ

マットレスに原因がある場合のきしみ

マットレス自体のきしみは、内部のコイルから発生する独特の金属音で、マットレスの上で動くたびにきしむ音がするので、比較的特定しやすい原因ですね。

マットレスのコイルの劣化

マットレスを長年使用しているうち、内部のコイルが劣化することで、きしみの原因となっているケースがほとんどです。

マットレスの寿命は約10年ともいわれますが、マットレスの種類や使い方によっては、きしみが発生するといった一部が劣化した状態はもっと早く発生する可能性があります。

対策方法

ある一部のコイルが部分的にが劣化している場合、マットレスの上下、裏表を入れ替えてみることで荷重がかかるコイルの位置が変わるため、きしみ音が解消されるケースがあります。

しかし、どのようにマットレスを入れ替えても解消されない場合は、マットレスの寿命と考え、買い替えを検討した方がいいでしょう。

床面の歪みや傾きに原因がある場合のきしみ

床面の歪みや傾きに原因がある場合のきしみ

一見水平に見える床でも、経年することにより一部が盛り上がったり歪んでいたり、傾いたりしていることがあります。

床面に歪みや傾きがあるとどうなるかというと、ベッドに荷重がかかる度にフレームに歪みが生じる結果となります。

そのことによってネジ類が緩んだり、フレームの接続部のすり減りや擦れ、床板とフレームの擦れなど、様々なきしみの要因へと繋がりますが、結局一番の原因となっていたのは床面の歪みや傾きだったということも考えられます。

対策方法

床面の歪みや傾きは、見た目ではなかなか判断がつかないため、ベッドを置く場所を変えてみて、きしみが解消されるかどうかを判断します。

ベッドの設置場所を変えるときしみが解消されるようであれば、、お部屋の模様替えを含めてベッドの置き場所を検討するといいでしょう。

また脚付きベッドの場合、脚の下にフェルトを貼ることで、きしみが解消されることがあります。フロアベッドの場合は、フレーム下の床に当たるの4角の部分にフェルトを貼ることで調整をしてみます。

まとめ

ベッドのきしみについて、いろいろと考えられる原因とその対策を考えてみました。

きしむ音は、物と物が擦れる音であることには間違いないので、ベッドのフレームや床板が原因である場合は、ほんのちょっとした当たり具合で発生していることが多いものです。

あれ程ギシギシときしむ音がしていたのが嘘のように解消されるケースもありますので、原因を一つ一つをチェックしながら試してみていただきたいと思います。

ベッドの通販ならこちらのショップがおすすめ!
豊富な品揃え、リーズナブルなお手頃価格のシンプルモダンインテリア家具Laana
きっとあなたのお気に入りが見つかります。

ベッドの通販Laana

関連記事


Copyright© 2018 シンプルモダンインテリア家具Laana All Rights Reserved.