シンプルモダンインテリア家具

ヘッダーバナー1

ベッドが使いやすい最適な高さの選び方|腰痛や膝痛に優しいベッドの高さ

ベッドの高さ

ベッドに高さがあることは、床に敷いた布団で寝るのとは違った大きな特徴ですよね。

ベッドをシンプルに寝具としての使いやすさ、寝やすさを考えた時に、ベッドの高さは一つのポイントになるといっていいでしょう。

例えば起き上がりやすいベッドかどうか。ご高齢の方や腰がお悪い方は、少しでも立ったり起きたりするのが楽にできるベッドをお探しのはず。

そんな風に考えると低すぎるベッドではちょっと不便ですよね。

一方では高さの低いローベッドが人気ですが、デザイン性はさておき、あくまでも使いやすいベッドという点に絞って、ベッドの高さにスポットを当てて考えてみたいと思います。

ベッドに高さがあるメリットとは

ベッドに高さがあるメリット

布団で寝るのに比べて、ベッドの方が断然いいいう方は多いと思います。

それはベッドに高さがあり寝起きが楽なことも理由の一つだと思いますが、低いベッドと比較しても高さがあるベットの方がいいメリットとは何でしょうか。

寝起きや立ち座りの動作が楽

フロアベッドの低いものでは、布団で寝るのと高さはそれほど変わりません。

やはりある程度の高さがあるベッドの方が、低いベッドよりも寝起きや立ち座りの動作が楽ですね。

寝転んだり立ち上がる動作が少ない分、腰や膝への負担が少ないことは、ご高齢の方、腰や膝のお悪い方には大きなメリットであるはずです。

ホコリの影響を受けにくい

ホコリなどのハウスダストは床から20~30㎝の高さを浮遊しており、30㎝くらいの高さに溜まりやすいといいます。

ベッドが床からあまりにも低いと、睡眠中にホコリ吸い込んでしまうことはもちろんですが、布団の上にもホコリが被ってしまいやすいことは否定できません。

そういう意味では、より高さがあるベッドの方がホコリの影響を受けにくいといえます。

ベッド下の空間を利用できる

ベッド下のスペースは、低いベッドならデッドスペースになってしまいますが、ベッドに高さがあれば収納スペースとして活用できますね。

ワンルームなどで収納スペースが少ない場合は、ベッド下が収納スペースとして使えるのは助かりますよね。

ベッドのタイプ別の高さと特徴

ベッドの高さにはフレームの高さと、マットレスまでの高さがあります。

ベッドの使いやすさを考える時には、マットレスまでの高さと考えるほうがいいでしょう。

ベッドにはタイプによって高さも様々のものがありますが、具体的にどれぐらいの高さのものがあるのでしょうか。

次にそのタイプ別の高さと特徴について考えてみます。

フロアタイプベッド

脚が無く床に直置きをするタイプのベッドで、タイプとしては一番低い種類のベッドになります。

ベッドの高さは18㎝から25㎝程度で、ほとんどマットレスの高さ分ぐらいしかありません。

そのためその低さは床に直にマットレスを置いているのと同様、または布団に寝るのに近い感覚となります。

フロアタイプ収納付きベッド

同じフロアタイプでも、ベッドの下に収納部分がついている分の高さがあります。

ベッドの高さは約42㎝ぐらいから、収納部分が2段になったものでは55㎝程度の高さのものまで。高さを有効利用しているベッドですね。

脚付きベッド

次に一般的な脚付きベッドですが、低いロータイプのものから高いものまで、さらには脚の長さを選べれるものまでと、いろいろな種類があるのがこのタイプのベッドですね。

そのためベッドの高さも30㎝から50㎝ぐらいまでと幅広くあります。

ベッド下にはフロアタイプであれ、脚付きベッドであれホコリが溜まりやすいのですが、脚付きベッドの空間がある方が掃除がしやすいとの意見も多いようです。

使いやすいベッドの最適な高さを考える

ベッドに高さを必要とする目的は、寝起きや立ち座りの動作が楽な方がいい、ホコリの影響を受けにくいから、ベッド下の空間を利用したいと人それぞれかもしれません。

その目的別に使いやすいベッドの高さがどれぐらいか考えてみます。

寝起きの動作が楽な高さ

ベッドに腰掛けた時に、膝を直角に下した状態で足裏が楽につく高さが起き上がりやすい高さといえます。

膝下の長さは実際に測ってみるのが一番いいてすが、あなたの身長×0.258で求めることもできます。一例をあげると身長が160㎝の人は160㎝×0.258=41.28㎝となりますね。

つまり約42㎝の高さのベッドなら、楽に寝起きや立ち座りの動作ができるということです。

参考までに、食堂に置いている椅子の高さは、いろいろな身長の人が座りやすいようにと、平均的な45㎝という高さにしてあるようです。

ホコリの影響を受けにくい高さ

先述で30㎝くらいまでの高さはホコリの影響を受けてしまうことを説明しましたが、最低でもそれ以上の高さは欲しいところです。

できればさらに+10㎝以上の高さのベッドが望ましいと思います。特にアレルギーやぜんそくのある人は注意したいポイントですね。

ベッド下の空間を利用する高さ

もともと収納引き出しがついたベッドもありますが、脚付きのベッドでも、ある程度の高さがあれば収納ボックスを置くことが可能です。

例えば浅型の収納ボックスを置くなら、ベッド下に20㎝の高さは必要ですね。

中には30㎝の高さが確保されており、収納スペースとして使用することを想定して設計されたベッドもありますので、ベット下の空間を利用するならおすすめです。

まとめ

巷ではデザイン性を優先して、高さの低いロースタイルのベッドが人気ですが、ベッドを新たに購入するなら、一度ベッドの原点に戻って、使いやすいこと、寝やすいことをポイントに考えてみてはいかがでしょうか。

今回ご紹介しましたように以下のような方には高さのあるベッドがおすすめです。

■ご高齢の方、腰や膝のお悪い方、寝起きの動作を楽にしたい方。
■現在アレルギーの症状があってハウスダスト対策を考えたい方。
■ワンルームなどで収納スペースが少ないのでベッド下を活用したい方。

また購入してから、ベッドが低すぎて不便な点が見つかったのではちょっと遅いですよね。

ぜひあなたにとって一番使いやすいベッドの高さを見つけていただきたいと思います。

関連記事

豊富な品揃え、リーズナブルなお手頃価格のシンプルモダンインテリア家具ラーナ。
きっとあなたのお気に入りが見つかります。

シンプルモダンインテリア家具Laana


Copyright© 2017 シンプルモダンインテリア家具Laana All Rights Reserved.