シンプルモダンインテリア家具

ヘッダーバナー1

一人暮らしに最適なベッドのサイズ|シングルかセミダブル?

一人暮らしのベッドのサイズ

これから一人暮らしを始めるあなた。
初めての一人暮らしであれば、やはり選ぶ部屋の間取りは「ワンルーム」か「1K」といったところになるでしょう。

そこでまず一番の悩みどころがベッド選び。
一人暮らし用のベッド選びは、多くの方がデザインよりもサイズで悩まれるようです。

確かに限られた部屋のスペースにベッドを置くわけですから、デザインよりも自分の体に合った大きさ、部屋に合った大きさというベッドのサイズの選択が、デザインの選択よりも重要度が高いのはうなずけます。

そこでベッドのサイズ選びでお悩みのあなたに、サイズ選びのポイントを紹介したいと思います。

シングルかセミダブルという選択

一人暮らしの場合、一般的にはベッドのサイズはシングルかセミダブルという2つの選択肢になるでしょう。

サイズを比較するとシングルの横幅は97cm、セミダブルは120cmで23cmの違いです。
でも多くの方がこの23cmの違いでどちらにするか悩まれるのですね。

人それぞれ身体の大きさは違いますし、寝相がいいか悪いかということも考慮する必要があるでしょう。また部屋の広さも違うわけですから、一概にシングルかセミダブルのどちらがいいということはいえません。

そこはいろいろな角度から考えてみて、最終的にどちらにするか決めるのがいいでしょう。

そこで一人暮らしにおいてシングルかセミダブルという2つのサイズにスポットを当てて、それぞれのメリットとデメリットを考えてみたいと思います。

シングルサイズのメリットとデメリット

まずその名のとおり一人用ベッドの代表といってもいい、シングルサイズのメリットとデメリットをいろいろな面から考えてみます。

シングルのサイズ感

シングルのサイズは横幅が97cmで、ベッドのフレーム部分をプラスしても約1m程度です。
例えば部屋のサイズが6畳ワンルームの場合でも、ベッドが占めるスペースの割合は1/4程度。

この省スペースといえる小さいサイズが一番のメリットですね。

シングルサイズは一人が寝るとして必要なサイズを満たしているわけですが、あななにとってこのサイズ感はどうでしょう?
ベッドに最低限必要なサイズは、単に身体の幅だけではなく、寝返りをすることを考慮し身体の左右にそれぞれ20cmプラスしたサイズが必要です。

日本人の腕を横にした時の身体の幅の平均は、男性で60cm、女性で50cmぐらいのため、男性ならジャストサイズ、女性なら少し余裕があるサイズ感でしょうか。

ただ男性で大柄な人には窮屈に感じるサイズ感かもしれませんね。
もしビジネスホテルのシングルサイズのベッドの部屋に宿泊されたことがあって、窮屈に感じたことがある方は避けた方がいいでしょう。

また、シングルベッドはあくまでも一人専用のベッドサイズなので、恋人などと二人で寝るには窮屈すぎます。二人で寝るということが想定される場合は、もっと大きなサイズのベッドを選ぶ必要があります。

このあたりがシングルのサイズの小ささがデメリットになる判断基準かもしれません。

シングルの価格

シングルサイズのメリットは低価格であることもあげられます。

一人暮らしを始めるにあたってベッドの他にも、いろいろと揃える必要があるでしょう。
ベッド周りにしてもフレームはもちろんのこと、マットレスに布団、リネン類と一式揃えた場合、安くすむので出費を抑えることができるのは魅力的ですね。

またフレームが安く上がった分、マットレスをワンランク上のものを選択するのも上手な買い物といえるかもしれません。

シングルの種類の多さ

シングルサイズという選択をするのであれば、ベッドの種類や品揃えが一番多く、いろいろなタイプのベッドの選択が可能です。
ベッドパッドやシーツ、リネン類の種類が豊富なのもありがたいところです。

一般的には同じデザインでもいろいろなサイズのバリエーションが揃っていますが、一人専用として考えられたシングルサイズだけで、他のサイズの設定が無いベッドもかなりあります。

そういう意味では選択肢が多いという部分と、視点をちょっと変えると選択肢が絞れ、一人暮らし用ベッドとして選ぶのが簡単いうメリットもあります。

セミダブルサイズのメリットとデメリット

セミダブルベッドの位置づけは一人用のベッドです。
セミダブルベッドの「ダブル」というネーミングに、二人用ベッドと誤解をされている方もいらっしゃるかもしれませんが、あくまでも一人用のベッドなのです。

次にセミダブルサイズのメリットとデメリットをいろいろな面から考えてみます。

セミダブルのサイズ感

セミダブルベッドはシングルベッドとダブルベッドの中間サイズのベッド。
シングルサイズでは狭く感じる人向けの、少し余裕を持たせたサイズのベッドということです。

シングルベッドはちょっと窮屈そう、でもダブルベッドだと大き過ぎ。そんな時に選ぶ候補に上がるのがその中間サイズのセミダブルベッドですね。。

セミダブルは横幅が120cmで、シングルの97cmと比較すると23cm広いサイズとなります。
この23cmの差が、シングルでは狭く感じた人にとってはその窮屈感を解消し、シングルよりもう少しゆったり寝たいと感じる人にはゆったり感を持たせてくれるのです。

このゆったり感がセミダブルサイズの一番のメリットといえます。

ワンルームや1Kに置くとして、スペース的にセミダブルのサイズはどうでしょう。
大きさ的にはシングルと比較して横幅が少し大きいかな、という程度のサイズです。
シングルを置けるスペースが確保できるなら、セミダブルでも問題なく置けると考えていいと思います。

ただ少しでもサイズは小さい方がいいという人にとっては、やはりデメリットになる部分なのでしょうか。

しかしこのシングルよりサイズが大きくなる部分はデメリットとばかりとはいえません。ベッドの下が収納スペースとなっている収納ベッドを選ぶ場合は、その大きさの分が多く収納できるわけですから、逆にそれがメリットとなります。

シングルではちょっと無理があると考えられる恋人と二人で寝るケースについてはどうでしょう。
セミダブルといってもやはりそこは一人用。シングルよりはましという程度でしょう。

ベッドのサイズ感については、その大きさがメリットにもデメリットにもなるので、どこに自分のポイントを置くかを決めて考えてみるのがいいでしょう。

セミダブルの価格

当然のことながらベッドのフレーム、マットレスに寝具と、全てにおいてシングルに比べると値段が高くなります。
トータルで考えるとどうしても価格的に割高となるのはやむを得ません。

一人暮らしを始めるにあたって、少しでも出費を抑えたいという方にとっては価格面がデメリットとなりますので、予算と合わせて検討が必要です。

シングル?セミダブル?サイズ選びのポイント

シングルとセミダブルのメリットとデメリットについていろいろな角度から考えてみましたがいかがだったでしょうか。
最後に一人暮らしのベッドのサイズを選びのポイントをまとめてみますね。

シングルがおすすめの人

■自分の体のサイズを考えるとシングルでサイズは十分。
■部屋を広く使いたいので、できるだけベッドは小さい方がいい。
■新たに一人暮らしを始める準備にかかる費用をできるだけ抑えたい。

以上のようなポイントに重点を置いて選ぶなら、シングルという選択になるでしょうね。

セミダブルがおすすめの人

■シングルでは窮屈感を感じる。
■できるだけ広いベッドでゆったりと寝たい。
■恋人がお泊りした時、一緒に寝ることがある。
■ベッド下の収納スペースの広さを活用したい。

セミダブル選びのポイントとしては、シングルの「狭い」というデメリット部分が中心となりますね。サイズ的にシングルでは物足らないと強く感じたなら、セミダブルという選択がおすすめです。

まとめ

悩ましい一人暮らしのベッド選び。
確かにシングルとセミダブル、それぞれにメリットとデメリットがあり、どちらがいいとは一概にはいえません。

でもベッド選びに重点を置きたいポイントを絞ることによって、自分にはシングルとセミダブルのどちらが向いているか、どちらを選んだらいいか明確になってくるかも。

どうぞ参考にして自分に合ったベッドをお選びください。

ベッドの通販ならこちらのショップがおすすめ!
豊富な品揃え、リーズナブルなお手頃価格のシンプルモダンインテリア家具Laana
きっとあなたのお気に入りが見つかります。

一人暮らしにおすすめのベッドの通販

関連記事


Copyright© 2018 シンプルモダンインテリア家具Laana All Rights Reserved.