シンプルモダンインテリア家具

ヘッダーバナー1

一人暮らしにおすすめのベッド|ライフスタイルによるベッドの選び方

一人暮らしの部屋

一人暮らしを始めるにあたって、部屋選びに次いで悩むのがベッド選びでしょう。

お部屋作りはベッド選びから始まります。揃える家具やインテリアがいろいろある中で、一番大きなインテリア家具がベッドです。まずベッドを決めないと他のものが決まらない、それぐらいの存在感があります。

でもベッドにはいろいろなタイプや種類があるので、どんなベッドを選べばいいか迷いますよね。

そこでこれから一人暮らしを始めるあなたにどんなベッドがぴったりなのか、その選び方のポイントやおすすめのベッドを紹介します。

一人暮らしのベッド選びのポイント

インテリアの好みやデザインの好みは人それぞれいろいろとあるでしょう。
でも一番のベッド選びのポイントはデザインがどうこうというより「どういう暮らしがしたいか」がとても重要です。

あなたが一人暮らしの中で重点を置きたいポイントはなんでしょうか?
ベッドにはいろいろなタイプや種類がありますが、どういう暮らしがしたいかによって、選ぶベッドも違ってきます。

そこで求める暮らし方に応じたタイプのおすすめのベッドを紹介します。

圧迫感なく暮らしたい方

部屋が狭いけれど、できるだけ圧迫感なく暮らしたい方には背の低いロータイプのフロアベッドがおすすめ。

背の低いベッドに合わせて、他のインテリアも低くトータルコーディネイトすれば空間の広がりができるため、実際の広さよりもかなり広く感じられるお部屋になります。

ベッドに座った時や寝た時は、床面との差があまりないので床に座ったり寝ている感覚に近く、低い位置が落ち着くという人には安心の低さです。

特に今まで布団やマットレスを敷いて寝ていて、一人暮らし生活でベッドに馴染めるか不安という方でも違和感なく使える低さは安心ですね。

低いフォルム!引き締まって見えるブラックカラーのフロアベッド

ブラックのロータイプフロアベッド

棚・コンセント付きフロアベッド【Geluk】ヘルック

とにかく低い!すっきりとシャープでストレートなデザイン、そして引き締まって見えるブラックカラー。これだけ低いフォルムなら狭い部屋でも空間に余裕を感じさせてくれますね。

限られた空間の中で、ゆったりとしたリラックス気分で低く暮らしたい方におすすめのベッドです!

開放的な空間が広がる!ホワイトカラーのフロアベッド

ホワイトロータイプフロアベッド

棚・コンセント付きフロアベッド【IDEAL】アイディール

同様に低いフォルムのロータイプフロアベッドですが、色が白になったことで、より開放的な空間の広がりが感じられるベッドです。

黒はちょっと、という女性でも清潔感が印象的なホワイトカラーならいかがでしょう!?

部屋スペースを有効利用して暮らしたい方

ベッドを置くと部屋のスペースの大きな部分を占めてしまいます。
それでもベッドは置きたいけれど、できるだけ小さい方がいいという選択肢ですね。

できるだけ窮屈感なく暮らしたい方、ベッドは小さいのを選んで、他のことに部屋のスペース有効利用して暮らしたい方。
特に女性の方はベッドは小さくても十分、ベッドの存在感が無い方がいい、それよりも友達とのおしゃべり空間の方が大切。そんな方もいらっしゃることと思います。

いずれにしてもベッドは小さくてもいいという方にはショート丈のベッドがおすすめです。

小さめサイズがちょうどいい!北欧デザインショート丈ベッド

ショート丈のベッド

ショート丈北欧デザインベッド【Pieni】ピエニ

縦の長さが185㎝と小さめサイズがちょうどいい、ショート丈の北欧デザインベッド。

このショート丈ベッドは小柄な女性なら十分なサイズ。
無駄を一切省いたシンプルなカタチだから自由なレイアウトや使い方を楽しめます。

デイベッドとしてソファを兼ねた使い方をすれば、ワンルームでもかなり部屋を広く使えるはず。ただシンプルというだけではなく、天然木と北欧テイストのデザインがちょっとおしゃれで嬉しいところ。

一人暮らしの女性に一押しのベッドです!

スタイリッシュな部屋でおしゃれに暮らしたい方

スタイリッシュなベッドを置けばそれだけで部屋がおしゃれでかっこよく見えます。

ウォールナット調のインテリア家具は、誰から見てもおしゃれに感じるイメージがありますよね。
ただベッドを寝るためのものというより、おしゃれなインテリア家具としての側面を重視。

一人暮らしをするにあたって、とにかくスタイリッシュなおしゃれ感を楽しんで暮らしたい方。誰が見ても無難にかっこよく思えるような部屋にして、友達や彼女を部屋に呼んで自慢したい方にはウォールナット柄のベッドおすすめです。

計算されたカッコよさ!デザイン重視のウォールナット柄ローベッド

ウォールナット柄デザインローベッド

モダンデザインローベッド【E-go】イーゴ

落ち着いた色合い、本物と見間違うほどのクオリティのウォルナット柄がとてもおしゃれなデザインローベッド。

スタイリッシュでかっこいいというイメージは人それぞれで感覚が違いますが、これこそ誰の目から見てもスタイリッシュ!先進的な都会的でモダンな雰囲気を演出!機能よりもシッカリと「カッコよさ」を計算された、デザイン重視のデザインベッドです。

そんなスタイリッシュなベッドで、ぜひ自分流のおしゃれを楽しんでください!

やっぱり木目柄がおしゃれ!シンプルデザインフロアベッド

木目柄シンプルデザインフロアベッド

棚・コンセント付きフロアベッド【W.coRe】ダブルコア

同じようなデザインのフロアタイプのベッドも、ウォールナット柄だとぐっとおしゃれ感が高まりますね。低価格なのに高級感すら感じさせるクオリティの美しい木目を再現しています。

フロアタイプのベッド特有の無駄を省いたシンプルさがかっこいい!シンプルにおしゃれを楽しみたい方におすすめのベッドです。

すっきりと片付いた暮らしをしたい方

とかく一人暮らしの生活は部屋が散かりやすいもの。毎日、生活で使う物をいちいち収納ボックスに片付けるのってわりと面倒なんですよね。

そんな一人暮らしですが、すっきりと片付いた暮らしをしたい方におすすめなのが収納引き出しつきのベッド。
収納スペースの少ない一人暮らしの部屋でも、ベッドの下にどんどん収納してしまえば、すっきりと片付いた暮らしができますね。

太っ腹な収納力!引き出し収納チェストベッド

引き出し収納チェストベッド

棚・コンセント付きチェストベッド【Steady】ステディ

ベッド下を収納スペースとして考えるあなたにおすすめの、引き出しが二段になった大容量タイプのベッド。これはまさにチェストといっていい便利さと収納力。

ベッド下の全てを生かしたたっぷりとした太っ腹な収納力に加えて、浅型、深型、長物収納の3タイプの収納が備わっていて、アイテムごとに整理整頓も出来るという優れモノ!

これならすっきりと片付いた暮らしができること間違いなし!

ゆったり作業スペースを確保した暮らしがしたい方

部屋の中に趣味のスペースとして、在宅ワークのスペースとしてデスクを置いてゆったりと作業できる暮らしがしたい方。そんな方にはロフトベッドがおすすめです。

一人暮らしのワンルームで、デスクとベッドの両方を置いて、さらにテレビなど家電製品、その他、収納などもろもろのものを置くと部屋はとても窮屈な空間になってしまいますよね。

それよりはゆったりと落ち着いて作業できるワークスペースが欲しいという時、ロフトベッドの下にデスクをおけば縦に空間を有効利用できるのでとても便利です。

ベッド下は広々ワークスペース!デスク付きロフトベッド

デスク付きロフトベッド

3段可動デスク&コンセント宮棚・ロフトベッド【Studio】ステューディオ

ベッドの下のスペースがそのままデスクになった、ベッドとデスクの一体型のロフトベッド。
ベッドの幅がそのままデスクの幅になっていると広々ワークスペース、奥行きも60cmと十分なサイズ、これならゆったり落ち着いて趣味や勉強に使えますよね。

上下、前後に可動式のデスクは、高さや奥行を変えることができ、ロフト下の空間を余すところなく有効活用できる便利さです。
さらにベッドにはスライド移動式のコンセントが宮棚についていたりとベッドの機能も秀逸!

あなたのプライベートスペースが充実すること間違いなしのベッドです。

まとめ

自由な一人暮らしだからこそ、自分のライフスタイルに合ったベッドにしたいもの。
自分のライフスタイルにあったベッドを選ぶことで、狭いお部屋でも快適に過ごせる空間になるはずです!

あなたのイメージするライフスタイルに近いものを参考にして選んでみてください。

関連記事

このページで紹介した商品はこちらのショップでご購入いただけます。
豊富な品揃え、リーズナブルなお手頃価格のシンプルモダンインテリア家具Laana
きっとあなたのお気に入りが見つかります。

シンプルモダンインテリア家具Laana


Copyright© 2017 シンプルモダンインテリア家具Laana All Rights Reserved.