シンプルモダンインテリア家具

ヘッダーバナー1

通気性に優れたすのこベッドで湿気やカビ対策を!簡単除湿のコツ

通気性に優れたベッド

ジメジメとした梅雨の時期や暑くて多くの寝汗をかく夏の時期になると、ベッドを除湿しないとカビを始め、いろいろな菌が繁殖するのでは?そんな心配しているあなた。

ご心配の通り、ベッドのマットレスは干すことが出来ないのでカビや雑菌が繁殖しやすい環境になっています。
特に高温多湿な日本であれば梅雨の時期はもちろんのこと、結露が発生しやすい冬場もベッドの湿気対策は必須!

そこでベッド周りの湿気やカビ対策として、通気性に優れたベッド選びのポイントや除湿の方法をご紹介します。

ベッドで湿気がこもりやすい場所と除湿ポイント

ベッドのどこに湿気がこもりやすいかご存じでしょうか?
ベッドを使っている人でも実際にカビがはえてからびっくりされる方も多いことと思います。

ベッド周りでカビの発生する原因に大きく関係しているのは湿度です。
そのためカビ対策として一番効果的なのは湿気をこもらないようにするということ。

そこでまずベッドで湿気がこもりやすい場所を押さえておきたいと思います。
ベッドの湿気やカビ対策を考えるなら、次の3つの湿気がこもりやすい場所にポイントに絞って除湿を行うと効果的です。

・マットレスの裏側
・ベッドの床板
・ベッド下

それでは具体的にそれらの場所の湿気対策を考えてみます。

マットレス裏側の湿気の原因と対策

誰でも季節を問わず一晩にコップ一杯分ぐらいの寝汗をかくといわれています。

その寝汗は掛け布団にも吸収されますが、結局は重力の関係で下へ下へと落ちていくため、そのほとんどはマットレスへ、そしてその裏側にはベッドの床板があるため湿気のはけ口なくなってしまうというわけです。

たかがコップ一杯といってもバカにできません。毎日同じベッドで寝ているわけですから、はけ口がなければ湿気はどんどんたまっていきます。

また冬場はマットレスにこもった熱とベッド下の冷たい空気の温度差による結露の影響で、さらにマットレス裏側の湿気はひどくなります。

マットレスの表側から敷パッドで寝汗を吸収ブロック

敷パッドで寝汗を吸収ブロック

マットレスの上には何を敷いていらっしゃるでしょうか?
もし現在ボックスシーツだけなら、必ず敷パッドを敷いてください。

敷パッドとベッドパッドは一見似ているように感じますが、シーツの上に敷くのが敷パッド、シーツの下に敷くのがベッドパッドという違いがあります。

そこでおすすめなのは敷パッド。オールシーズン吸湿速乾タイプ、夏用の接触冷感&吸水速乾タイプ、冬用の吸湿発熱タイプなど季節に応じていろいろなタイプがあり使い分けると便利です。

いずれにしてもマットレスの上側で湿気を吸収ブロックすることができるので、マットレス裏側の湿気対策としてはかなり効果があります。

マットレスの裏側は除湿シートで湿気を吸収

除湿シートで湿気を吸収

さて、マットレスの裏側の湿気の原因としてはとてもやっかいな結露の問題もあります。
結露はフローリングなどの床で冷やされた空気と、暖かいベッドの周りの温度差によって寝汗によるマットレスにこもった湿気や空気中の湿気から生じます。

そのため湿度の高い梅雨の時期はもちろん、むしろ冬は温度差が生じやすいので結露も発生しやすくなります。

そんな時に効果があるのがマットレスの下に除湿シートを敷くことです。これは新聞紙で代用してもいいのですが、ここでは湿気を吸い取る効果がとても高い除湿シートをおすすめします。

マットレスの定期的なメンテナンスとローテーション

またマットレスのメンテナンスを定期的に行うことが必要です。
マットレスの表面に定期的に掃除機をかけたり、湿気を抜くために壁に立てかけて乾燥させることをおすすめします。基本的に月に1回ぐらいの頻度で立てかけて数時間干せばOKです。

またどうせマットレスをベッドから上げるなら、そのタイミングでマットレスの裏表、前後を入れ替えてローテーションしましょう。車のタイヤのローテーションをするのと同じで位置を入れ替えることでマットレスが長持ちします。

ベッドの床板の湿気の原因と対策

次に湿気がたまりやすいのがベッドの床板です。
正確にいうと湿気がたまるというより、ベッドの床板の両面がマットレスの裏側の湿気と床下からの湿気に常にさらさられてる状態です。

マットレスにカビがはえるのはわかるとしても、油断しているとベッドの床板にもあっという間にカビがはえるのには驚きですね。

通気性に優れたすのこベッドにする

通気性に優れたすのこベッドにする

ベッドの床板は一枚板のもの、数枚の板を敷き詰めたもの、そしてすのこ状になったものがあります。

一枚板のもの、数枚の板を敷き詰めた床板に隙間がないため、マットレスまで下りてきた湿気の抜け道がありません。
それに比較するとすのこ状の床板には隙間が空いているため湿気が床下へと抜けていくのです。

湿気対策の基本は通気性を良くすることにありますから、床板がすのこ仕様になった通気性に優れたすのこベッドはたいへん効果的です。

また通気性に優れたすのこ板といえども、いつも湿気にさらされていればカビがはえてしまいます。そこですのこ板の材質にも気をつかえばカビ対策となります。

一般的にすのこ板に使用されて4種類の材質でカビに強いのは、桐>ヒノキ>杉>パイン材の順番になりますので、できれば桐のすのこ板を選択することをおすすめします。

ベッド下の湿気の原因と対策

ベッド下はとりわけ湿気がたまりやすい場所です。

最近の住宅の一つの特徴として、断熱性を上げるための機密性に優れていることが上げられますが、その気密性が高いことが裏目に出て、湿度が高くなる季節には湿度の逃げ道がなくなってしまいます。

そのため特に部屋の中でも空気が停留しやすい場所、例えば押し入れやクローゼットの中、そして問題となるベッドの下は空気の流れが極端に悪く停留するため、湿気がたまりやすくなるわけです。

ベッド下の通気性を確保する

ベッド下の通気性を確保

湿度が高い時期には部屋の換気が大切なのはいうまでもありませんが、ベッド下の換気も意識して行う必要があります。

一つの対策としては、ベッドの下の通気性を確保し空気の流れを良くすることです。

脚がついたベッドでは、サーキュレーターなどで空気の流れを作れば湿気の改善がある程度見込めます。

しかしフロアベッドや収納ベッドのように、ベッド下の空間がフレームで閉塞されている場合は空気の流れを作ることが難しいため、湿度が高くなる時期には定期的にマットレスを上げるなどして通気性を確保する必要があります。

除湿器を使用し部屋の湿度を下げる

部屋全体の湿度が高い状況において、ベッドの下だけ湿気を防ぐ対策は若干の無理があり、そのため部屋全体の湿度を下げる方法を考えたほうが効果的といえます。

部屋の湿度が上がる原因は、夏の梅雨の時期や、冬の外気と部屋の温度差による結露といった季節的な要因もありますが、台所、お風呂場からの湿気、暖房器具や加湿器の使用や 洗濯物の部屋干しといった、生活の中で発生する湿気も部屋の湿度を上げる要因となります。

部屋の湿度を下げるには、積極的な部屋の換気や、暖房器具や加湿器の使用や洗濯物の部屋干しを控えるということも必要な面がありますが、ただ換気だけでは湿気対策が追いつかないことや、一方で生活の快適性や利便性が損なわれる点は否定できません。

そのためもっと積極的な対策としては、除湿器を使用し部屋の湿度を下げることがたいへん有効です。

おすすめのすのこベッド厳選3選

すのこベッドには、脚付きタイプのベッドを始め、フロアタイプ、収納引き出し付きなどいろいろな種類のものがあります。

ただ通気性を考慮した場合、ベッド下の空間が解放されている脚付きタイプのベッドが一番優れているといえます。

ここでは通気性に優れたおすすめのすのこベッドとして、脚付きタイプのものを紹介したいと思います。

木肌のきれいな表情!シンプル檜天然木すのこベッド

シンプル檜天然木すのこベッド

高さが調節できる純国産シンプル檜天然木すのこベッド【BOSQUE】ボスケ

国産のヒノキの天然木を使用し、無塗装の木肌のきれいな表情が印象的な、とてもシンプルなすのこベッド。

無塗装の無垢材が木がいい香りを放ち、湿気が多い時は水分を吸湿し、乾燥している時は水分を放出するという、まるで呼吸をするかのような調湿作用をします。

一番の特徴はベッドの高さを変えられるところ。これならしっかりとベッド下の通気性も確保できますね。

飽きのこないすっきりデザイン!パイン天然木すのこベッド

パイン天然木すのこベッド

高さが調節できる!コンセント・天然木すのこベッド【Fit-in】フィット・イン

天然木のパイン材の風合いが味わい深く、飽きのこないすっきりデザインのベッド。

すのこは空気がスムーズに循環する間隔で設計され、通気性にこだわったベッドでありながらもしっかりとした作り。すのこ部分も耐久性に優れた強度があるので布団を敷いて使うことも可能です。

このベッドも高さが変えられ、最大で床から32cm確保できるので、とても通気性に優れていますね。

おしゃれで機能も充実!北欧デザインすのこベッド

北欧デザインすのこベッド

棚・コンセント・デザインすのこベッド【Haagen】ハーゲン

北欧ヴィンテージ風デザインがとてもおしゃれなすのこベッドです。

ヴィンテージテイストのウォールナット風仕上げのフレームや、キャビネットタイプのヘッドボードなど、シンプルなでデザインながらも存在感もしっかり主張しています。

湿気対策を考えるなら、できればマットレスも通気性のいいものを合わせて使いたいですね。

まとめ

湿度が高いのが特徴の日本の気候では、生活の中で様々な場所やシーンで湿気対策、カビ対策が必要になります。

また地域の違いよっても湿度は異なり、建物の気密性の違いや構造の違いによっても湿気の発生にはかなりの差があります。

そのため一人暮らしで引っ越しをしたとたん、ベッド周りの湿気に悩まされるといった状況に遭遇し戸惑われる方もあることでしょう。

そして一旦マットレスやベッドの床板にカビが発生してしまうと、あっという間にカビが広がり、最悪の場合、廃棄して購入しなおす必要さえあります。そんな風にならないように、できるだけ寝具を長く使うためにしっかりとベッド周りの湿気対策をしたいものです。

ベッドで湿気やカビ対策は、今回ご紹介しましたように、これ一つだけすればいいというわけではなく、多角的に対策を考えてみることをおすすめします。

関連記事

このページで紹介した商品はこちらのショップでご購入いただけます。
豊富な品揃え、リーズナブルなお手頃価格のシンプルモダンインテリア家具Laana
きっとあなたのお気に入りが見つかります。

シンプルモダンインテリア家具Laana


Copyright© 2017 シンプルモダンインテリア家具Laana All Rights Reserved.