シンプルモダンインテリア家具

ヘッダーバナー1

ワンルームで考えるベッドのレイアウト術

ワンルームのベッド

ワンルームマンションって人気がありますよね。
だから、これから一人暮らしをスタートするという方にとって、ワンルームという選択をされる方も多いはず。

ワンルームでまず最初に一番考えなくてはならないベッドの配置。
家具の中では一番大きな面積を占めるベッドをどのようにレイアウトするかというのが重要なポイント。

家具のレイアウトやコーディネートを考えるのは一人暮らしの一つの楽しみでもありますが悩みの一つでもありますよね。

特にベッドは置き方を失敗すると、後から一人暮らしで配置替えをするのは大仕事です。
今回はよくある長方形のワンルームの場合、どのように配置すると狭いワンルームの空間をうまく使えるのか、ベッドのレイアウトを考えてみました。

あなたのお部屋に当てはめて考えてみてくださいね。

ワンルームレイアウトの基本ポイント

さてワンルームでのベッドの配置を考えるあたって、できるだけ空間を広く感じられるための基本ポイントを上げてみたいと思います。

家具は壁に沿って配置し、真ん中を空ける

部屋の真ん中に何かが置いてあると途端に狭く感じます。ベッドやソファなどのインテリアは壁沿いに置き、真ん中には極力何も置かないようにすると空間に広がりが出て広く感じられます。テーブルも真ん中に置かず、壁に寄せておくと広く見えます。

インテリア同士の隙間を空ける

インテリアをたくさん置こうと思って隙間を開けずにギチギチに詰めていると、とても窮屈な部屋に見えてしまいます。
同じインテリアでも少し隙間を空けているだけ開放的な空間にかわります。

見える所に物を置かない

ワンルームを広く見せるには床に置く物は必要最小限に。
収納は全てクローゼットの中にしまい、外にはベッドとテレビ&テレビ台、テーブルなど必要なものだけに限って置きましょう。

ワンルームレイアウトの具体例

ワンルームのレイアウトの具体例

一言でワンルームマンションといっても、間取りの大きさからキッチン、バス、トイレの配置や作りは様々です。ただ一人暮らし用の物件として一番多いのは、縦に細長いタイプの洋室6畳ワンルームタイプです。

次に多いのが正方形に近いタイプで、この場合は洋室6畳のリビング部分は横に長くなります。
その他にも中にはいびつな形をした間取りの物件もありますが、ベッドを置くことを考えると避けた方が無難でしょう。

ここでは、縦長タイプと横長タイプの6畳リビングの場合についてのレイアウトの具体例を考えてみたいと思います。

縦長タイプの洋室6畳ワンルームタイプ

洋室6畳のリビング部分が縦に長い長方形で、入口の反対側が窓とベランダになっているタイプです。ワンルーム物件はこのパターンが一番多いのではないかと思います。

レイアウト1. 長辺の壁に沿ってベッドを配置

レイアウト1

窓を塞がずに窓に対して垂直にベッドを置く形です。窓には洗濯物を干しに行ったりと動線を確保したい人も多くいるため、人気のレイアウトかと思います。

入り口から窓までの間に、ラグもテーブルも何もない空間を作っておくと、お部屋がとても広く見えます。ベッドに対面する形でテレビを置いてソファとしてもベッドを使うデイベッドとして使う配置が一番しっくりきますね。

豊富な品揃え、リーズナブルなお手頃価格のシンプルモダンインテリア家具ラーナ。
きっとあなたのお気に入りが見つかります。

シンプルモダンインテリア家具Laana


Copyright© 2017 シンプルモダンインテリア家具Laana All Rights Reserved.