シンプルモダンインテリア家具Laana

ヘッダーバナー1

ペットと暮らすインテリア|ペットと人が共生できるお部屋に!

ペットと暮らすインテリア

家庭で犬やねこネコなどペットを飼っている人は多いものです。

統計によると、日本では3割強の世帯でペットを飼っており、実に3世帯の1世帯の割合ということになります。

ペットを室内で飼っているのは、2大ペットといわれるようにたぶん犬とネコが多いことでしょう。

ペットの室内飼いは、犬とねこネコのどちらがいいかは別として、いずれにしてもペットを飼っていると癒されるという最大のメリットの反面、掃除が大変であったり、匂いが気になったりと悩みは必ずつきまといます。

ペットと暮らすことを考えた時に、インテリアは単なるおしゃれな装飾品、生活の実用品というだけではなく、人とペットがどう暮らすか、暮らしやすいかという共生という側面も大切になってきます。

そこでペットと一緒に暮らすための、快適なインテリアについて考えてみたいと思います。

ペットと暮らす床

ペットと暮らす床

ペットと暮らすことを考えた時に、まず最初に考えたいのが床の対策です。

一つには床の傷防止や、階下への防音といった人の都合もありますが、ペットの脚を守るという面もあります。

最近の新築戸建やマンションのリビングはほとんどが、床がフローリングというお家が多いことでしょう。

このフリーリングという床、インテリア的にはおしゃれで掃除もしやすいという、たいへん優れた床材であることには違いないのですが、ペットと暮らすことを考えると、一転してデメリットの面がクローズアップされてしまいます。

ペットとフローリングの相性はあまり良くなく、ペットを飼っていると犬やネコの爪で傷だらけになるばかりでなく、ペットも歩きにくく滑りながら歩いたり走ったりしているうち、脚を痛めてしまうこともあります。特に小型犬の場合は、もともと脚が弱いため注意が必要です。

その他にも賃貸住宅の場合は、ペットの足音による階下への防音も気をつかう必要があります。

そうかといって、ペットの床材を張り替えるという対策は考えにくいと思いますので、フローリングの上に敷く床材を検討したいところです。

コルクマットを敷く対策

コルクマットを敷く対策

ペットを飼っている多くのご家庭で注目されているのがコルクマットです。

コルクマットとは聞きなれない人も多いと思いますが、ジグソーパズルのようにジョイントして敷くマットの表面がコルクのシートになっているマットのことです。

赤ちゃんのいるご家庭でカラフルな色のジョイント式マットを敷いているのを見たことがある人もいるとおもいますが、そのジョイント式マットのコルクバージョンですね。

このコルクマットは、フローリングの傷防止になるのはもちろんですが、ペットにはとても優しい素材で、その弾力性でペットの爪や脚を守ってくれます。

その他にも、コルクの特性から防音性も抜群によく、階下への防音対策にもなるというすぐれた床材です。

ペット対応クッションフロアを敷く対策

一般的なクッションフロアは、確かにフローリングの傷防止になるのですが、ペットが爪でひっかくと傷がつきやすく、穴も開きやすい点でおすすめできません。

そこでおすすめしたいのが、ペット対応クッションフロアです。

見ためはフローリングと変わらないため、インテリア性を損ねることなく、ペットがツメを立てても傷付きにくく、クッション性が高く滑りにくいので、ペットの脚をやさしく守るという優れた床材です。

こちらもコルクマット同様に、ペットを飼っている愛犬家、愛猫家の人に人気急上昇の床材でおすすめです。

ペットと暮らすソファ

リビングに欠かせないのがソファですよね。

ただ床材と同様に、ペットの暮らしやすいソファという選択肢が出てきます。

犬にしてもネコにしても、特別にソファに上がらないしつけをしないかぎり、ソファに上がったり下りたりするのは日常的なあたりまえな行動です。

特に小型犬は、床のところで前述のとおり脚が弱いため、はしゃいで飛び上がったり飛び降りたりするうち、脚を痛めてしまう可能性があるのです。そのためできるだけ段差の少ないソファを選ぶ必要があります。

その点、座面の低いローソファなら子犬の足腰への負担を軽減することができ、ペットにやさしいソファといえるでしょう。

またペットと暮らすと、どうしても汚れが気になります。そのためできるだけ手入れが簡単な生地素材を選びたいところです。

おすすめなのは、汚れたら取り外して洗濯ができるカバーリングソファ、そして手入れが簡単なPVCレザーのソファですね。

いつも清潔に!カバーリングローソファ

いつも清潔に!カバーリングローソファ

カバーリングフロアソファ【LENON】レノン

ペットの脚に優しい低さ、汚れの目立たない色合い、汚れてきたら外して洗濯ができるカバーリング仕様と、3拍子揃ったペットにやさしいローソファ。

ペットを飼っているからファブリックのソファだと、抜け毛がついたりよだれや脚の汚れなど、ソファは汚れるものと割り切りが必要となりますが、汚れが目立てば外して洗えると思うと気が楽になります。

カバーリングソファといっても決して安っぽいことはなく、しっかりとした2色の糸を織り込んだしっかりとしたファブリック素材で高級感があります。

ペットに安心の低さ!スリムタイプローソファ

ペットに安心の低さ!スリムタイプローソファ

フロアソファ【amiche】アミーチェ

わずか14cmというペットの上がり降りに負担の無い安心の座面の低さ。

座面の低さの反面、ゆったりと座れる広々とした座面で、水をはじき、掃除がしやすく汚れに強い合皮素材など、人にもペットに優しい設計が嬉しいスリムタイプローソファです。

ペットにとっと居心地のいいお昼寝場所になりそうなソファですね。

まとめ

インテリアを優先して考えると、ペットにとっては住みにくい環境になりかねません。

その逆にペット最優先にしてしまうと、インテリアがおろそかになりがちで味気ないお部屋になってしまいます。

そのどちらでもなく、人にとってもペットにとっても住みやすいという、共生できるインテリアがペットとの暮らしにはベストです。

関連記事

このページで紹介した商品はこちらのショップでご購入いただけます。
豊富な品揃え、リーズナブルなお手頃価格のシンプルモダンインテリア家具Laana
きっとあなたのお気に入りが見つかります。

シンプルモダンインテリア家具Laana


Copyright© 2017 シンプルモダンインテリア家具Laana All Rights Reserved.