シンプルモダンインテリア家具Laana

ヘッダーバナー1

ブラックモダンインテリア|黒い部屋のコーディネートのコツ

ブラックモダンインテリア

ブラックモダンなインテリアで揃えたお部屋は、とてもスタイリッシュで生活感がなく、男性なら一度は憧れたことがあるカッコいいお部屋ではないでしょうか。

車の内装でもブラックのインテリアはグッと引き締まった精悍な印象で、男性にはとても人気がありますよね。

シンプルモダンやモノトーンインテリアといった白黒をベースにしたインテリアもありますが、より黒を強調したブラックモダンインテリア。

ブラックをテーマカラーにしたシャープで重厚感のあるお部屋は、とても男性的で自己主張が強く高級感を感じさせてくれる反面、ともすれば重苦しい印象が強くなり生活しにくい空間になってしまいがちです。

しかし、どんなことに気をつけたらいいのかわからないというあなたに、ブラックモダンインテリアのコーディネートのコツをご紹介します。

ブラックモダンなインテリアにするコツ

ブラックモダンなお部屋にしたいと思ってもリフォームができる人はごくわずかでしょう。また失敗した時のリスクもあります。

そこで今すぐにDIY程度で簡単にできるものから始めましょう。

壁紙を変える

壁紙を変える

マンションやワンルームの場合、現在は白い壁紙のケースが多いかと思いますが、例えば全面を簡単にはがせるタイプの壁紙でブラックに変える、またテレビの後ろの壁だけグレーに変えるなど、変化を持たせてもカッコいいですね。

その他にも、一面だけレンガの壁紙にしてもスタイリッシュかつ抜け感が出てとてもおしゃれですし、ブラック、グレーが混ざった色や、インディゴが混ざった色などにすると、もっと男らしい雰囲気が出てカッコ良くなりますね。

壁の一面を変えることによって空間に動きが生まれるので、重たく息苦しくなりがちなブラックモダンなお部屋も圧迫感なく楽しむことができます。

ウォールデコレーションを工夫する

ブラックでインテリアで揃えると、どうしても動きが無い閉塞感がお部屋に出てしまいます。

それを解消するためにウォールデコレーションとしてエアープランツやアートワークを飾るのが心地よい空間つくりに役立ちます。

ラックにエアープランツをいくつか吊り下げて、吊り下げる紐の長さを変えることで動きを出したり、同じ額縁で統一したアートワークを等間隔で配置したりすると、重苦しい雰囲気が吹き飛んで、とても暮らしやすいブラックモダンなお部屋になります。

ラグは無地にしてシンプルに

ブラック自体が主張の強い色なのでそれを邪魔しないものがおすすめ。材質は少し毛足の長いものを選び、空間に柔らかさをプラスしましょう。

グレーのシャギーラグなど、形に特徴があるものを置くとシャープな輪郭のインテリアと相性良く仕上がります。

ブラックモダンインテリアに合う黒い家具

そしてブラックモダンインテリアの主役はもちろん黒の家具。

リビングなら黒いソファ、ワンルームで一人暮らしなら黒いベッドと、そのお部屋によって主役の家具は変わってきますが、まずベースの主役になる家具を決めましょう。

家具が複数ある場合は、主役、脇役と役割分担があるにしても、カラーをブラックに合わせるのはもちろんですが、フォルムも統一感を持たせる事が大切です。

例えばシャープな輪郭の家具を選ぶ、ソファの脚や椅子の脚、テーブルの脚など、細い直線的なものを選ぶなど、ルールを持って揃えるようにしておくと、より洗練された雰囲気を出すことができます。

ブラックインテリアの主役を担うソファ

ブラックインテリアの主役を担うソファ

フロアコーナーソファ【LOWARD】ロワード

空間を圧倒的なボリュームで支配し、その存在感で主役を担うソファ。

まずは黒のソファを中心に考えると、ブラックモダンインテリアのコーディネートは作りやすいと思います。

大型家具であるソファの色が黒い場合、存在感やインパクトが大きい反面、圧迫感も強くなることは否定できません。

そこでおすすめなのが、背の低いロータイプのソファ。ソファの高さを低く抑えることで空間の圧迫感を軽減することができます。

またソファの素材もレザーや合皮といった高級感のあるクールなものにすれば、ブラックの色と相まってモダンな印象は一気に高まります。

さりげない存在感をアピールするリビングテーブル

ブラックのリビングテーブル

ローテーブル/強化ガラステーブル PT-28BK ブラック

ブラックのモダンインテリアでソファの脇役として、さりげない存在感をアピールするのがリビングテーブル。

脇役とはいえ、素材やフォルム、色合いには注意して選びたいもの。

おすすめなのは、ガラス、クロムスチールといった硬質感が高い素材、スクエアなフォルム、鏡面仕上げといったところでしょうか。

黒のソファに黒のリビングテーブルで合わせてもいいのですが、黒のソファに真逆の白のリビングテーブルにしても、お部屋のアクセントとなり面白い効果があります。

LDKでクールに映えるブラックのダイニングセット

クールに映えるブラックのダイニングセット

リビングと空間が繋がっているLDKのダイニングでは、ダイニングセットも黒で決めたいですよね。

ダイニングセットは木目を活かした明るいトーンものが多いので、注意して選びたいところ。

リビングテーブルと同様に、ガラス天板や鏡面仕上げでブラックのダイニングセットを選べば、モダンな雰囲気を損なうことなく、クールにダイニングで映える存在となります。

ワンルームで主役を演じるブラックのベッド

ワンルームで主役を演じるブラックのベッド

照明・コンセント付きフロアベッド【Diner】ダイナー

ワンルームにおいては、ベッドは寝具という実用面もありますが、インテリアの側面がとても大きく、どんなベッドを置くかでお部屋の印象は大きく変わります。

そういう意味では、ブラックインテリアのワンルームで主役を演じるのはベッドといっていいでしょう。

もちろんフレームカラーの選択肢はブラックの一択のみです。重くなりがちのブラックインテリアですが、ロースタイルのフロアベッドにすれば、重苦しくなくスタイリッシュに決まります。

まとめ

ブラックインテリアのお部屋はスタイリッシュでカッコいいけれど、居心地の悪い暮らしづらいお部屋になってしまっては困りものです。

お部屋のインテリアを全てブラックで統一してしまうのではなく、適度にホワイトでバランスを取るのもコツの一つです。

また、リビングなど起きている空間はブラックモダンでスタイリッシュに楽しむのがいいと思いますが、ベッドルームなどはリラックスできる柔らかいオフホワイトやベージュ、優しい色味のグリーンなどを使ってオンオフを切り替えやすくするのがおすすめです。

選ぶ色によって空間に意味合いを持たせることで、部屋に入った瞬間にスイッチが切り替わるようになるので、リズムが生まれて暮らしやすくなります。

既にブラックのインテリアを揃えているあなたも、これから揃えるあなたも、こちらを参考にさらにカッコいいブラックモダンなお部屋を作ってみてください。

関連記事

このページで紹介した商品はこちらのショップでご購入いただけます。
豊富な品揃え、リーズナブルなお手頃価格のシンプルモダンインテリア家具Laana
きっとあなたのお気に入りが見つかります。

シンプルモダンインテリア家具Laana


Copyright© 2017 シンプルモダンインテリア家具Laana All Rights Reserved.