シンプルモダンインテリア家具Laana

ヘッダーバナー1

ロースタイル家具で開放的な部屋に|ロースタイルインテリアのすすめ

ロースタイルインテリア

日本古来の暮らし方であるロースタイル。

やっぱり洋風の家に住むようになっても床に座るとなんだか落ち着く気持ちってありますよね。

今、そんな床に近い生活であるロースタイルが注目されていて、ロースタイルのインテリアやライフスタイルがたいへん人気となっています。

また究極のロースタイルともいえる「こたつ」は、冬には日本人にとって一番落ち着く場所であると同時に、海外からも注目されていますよね。

生活を床に近いロースタイルにすることは、落ち着きがありリラックスができるライフスタイルといえるのかもしれません。

そんなリラックスライフを作れるロースタイルインテリアのメリット、こだわりポイント、注意点をご紹介します。

ロースタイルインテリアのメリット

ロースタイルインテリアのメリット

ロースタイルインテリアとは、その名のとおり背の低い家具のこと、また、背の低い家具で統一してそろえたインテリアのことをさします。

今、ソファにベッド、、テーブルやテレビ台に至るまでロースタイルな商品が大人気となっています。

そんなロースタイルインテリアにはどんなメリットがあるのでしょうか。

ロースタイルは落ち着く

いわずもがなですが落ち着く空間はとても大事です。

ロースタイルという床に近い生活スタイルは、古くから畳で生活をしてきた日本人にとって、本能的に落ち着くのかもしれません。

部屋が広く感じられる

同じ部屋でもロースタイルの場合はかなり広く感じ、家具同士の隙間をそこまで空けなくてもすっきりと見えます。

視線の通る空間、家具の上の高い位置を空間を広く開けることで、錯覚による部屋を広く感じる効果が生まれます。

そういう意味では、狭い部屋や一人暮らしのワンルームなど、広く見せたい時におすすめなのがロースタイルインテリアです。

部屋に圧迫感がなく開放感が生まれる

ソファやベッドなどの大きなインテリアを置いても、目線の高さに障害物がないので圧迫感が生じません。

また天井までの空間は高ければ高いほど開放感が生まれます。

そのため普通の高さのソファよりはローソファを、普通のベッドよりローベッドやフロアベッドを置くことで、圧迫感がなく開放感のある部屋にすることができます。

フローリングやラグ、床の感触を楽しめる

ロースタイルのライフスタイルでは、床に座ったり、寝っ転がったりすることも多くなります。

足や体がラグやフローリングなどの床材に触れる機会が多くなるので、感触を楽しむということができるようになります。

床にごろんと寝っ転がると夏はフローリングがひんやり、冬はもこもこしたラグの肌さわりが心地よくリラックスできるロースタイル。

ロースタイルはそんな足が地に着く生活スタイルといえます。

テーブルを省略できる

足がないフロア型のソファだとテーブルではなく、トレイをテーブル代わりに使ってリラックスすることもできます。

テーブルがなくなることで、さらに部屋が広く見えるようになります。

子供やペットに優しい

小さなお子様やペットがいる場合、四六時中、目を離さずにいるのは難しいことです。

そんなときベッドやソファが低ければ、万が一落ちた時のダメージも少ないので大事故に繋がるのを防げます。

床に近い生活は、子供やペットの怪我をする危険性が少なくなります。

また、ペットもソファでのくつろぎや主人との触れ合いもしやすくなります。距離が近くなるのでより仲良くできそうですね。

ロースタイルインテリアのこだわりポイント

ロースタイルインテリアの一番のポイントは背の低い家具で揃えることにあります。

しかしそれ以外にもちょっとしたこだわりで、さらにロースタイルインテリアの魅力を引き出すことができます。

そんなこだわりポイントについて紹介します。

インテリアの色を統一する

ロースタイルで色も統一されていればかなり広く見える視覚効果があり、特に壁紙と同系色で統一すれば狭い部屋でも開放感を感じることができます。

高さのバランスを取る

もしワンルームの中に背の高いものとロースタイルインテリアが一緒になる場合、高さと色のバランスを取ることが必要です。

背の高いインテリアは目に入らないドアの後ろに配置するか、部屋から入って正面に見える壁ではなく側面に配置するなどして出来る限り圧迫感がないよう工夫しましょう。

側面に高いインテリア、中央と正面がロースタイルインテリアであれば、それほど圧迫感なく過ごすことができます。

ロースタイルベッドのおすすめ厳選2選

優しい雰囲気のロースタイルベッド

優しい雰囲気のロースタイルベッド

棚・コンセント付きフロアベッド【Claire】クレール オークホワイト

ロースタイルのフォルムで丸みを帯びたヘッドボードサイドデザイン。女性の求める優しい雰囲気のお部屋にぴったりのローベッド。

優しい色合いのオークホワイトと落ち着く色合いとウォルナットブラウンの2色。どちらもとてもおしゃれな雰囲気のお部屋に仕上がります。

低いフォルムがかっこいいローベッド

低いフォルムがかっこいいローベッド

棚・コンセント付きフロアベッド【W.coRe】ダブルコア

低いフォルムとシャープなヘッドボードザインがかっこいいローベッド【W.coRe】ダブルコア。
かっこよさを求める一人暮らしの方に今大人気です!

どんな部屋でもマッチして、置くだけでかっこよさを演出できるウォールナット調のベッドがおすすめです!

ロースタイルのソファ、おすすめ厳選2選

ロースタイルと高級感のあるローソファ

ロースタイルと高級感のあるローソファ

フロアソファ【Lucy】ルーシー

落ち着くロースタイルでも、高級感のあるしっかりしたソファで人気の【Lucy】ルーシー。
コーデュロイのような起毛感で肌触りがとても気持ちいい生地と深い色合いが、さらに高級感を感じさせます。

座った時の目線の低さはまさにロースタイル!その目線の低さから広く感じる空間が広がりが違います。

しっかりとした作りの北欧デザインのローソファ

しっかりとした作りの北欧デザインのローソファ

フロアソファ【Cuole】クオーレ

ローソファといえばオールウレタンのヘタりやすいソファが多い中、木枠を使用したしっかりとした作りのソファ【Cuole】クオーレ。

丸みを帯びた背もたれと印象的なステッチが特徴のおしゃれなデザイン。北欧風の色合いとデザインのローソファは探してもなかなかありません!

ロースタイルインテリアの注意点

掃除はこまめに

ロースタイルライフは、どうしても床のホコリや髪の毛などのゴミが目につきやすくなり、衛生面とともに気になります。

できるだけこまめに掃除機をかけることが必要となります。
ロボット掃除機にお任せして、常にキレイな床をキープするのもおすすめです。

また特にソファは、床に近い分同様にホコリや髪の毛の付着が気になります。
こまめにコロコロやホコリ取りなどでささっと掃除しておきましょう。

生活用途によってメリハリをつける

ロースタイルなライフスタイルといっても、食事の時はダイニングテーブル、勉強の時はデスク、リラックスするときはローソファなど、生活にメリハリをつけることが大事です。

ロースタイルインテリアではどうしてもリラックスするイメージが強いので、他の家具を用途よってうまく使い分けると生活にメリハリをつけられそうです。

まとめ

ロースタイルインテリアのメリット、こだわりポイント、注意点などをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

やっぱり暮らしてみるとロースタイルの方が広々と感じられいつでも寝転がることができるのでリラックス感が高いですね。

忙しい私たちに、落ち着きと癒しの空間を与えてくれるスタイル、それがロースタイルインテリアです。

ぜひあなた好みのロースタイル家具を選んで、落ち着ける空間を作ってみてください。

関連記事

このページで紹介した商品はこちらのショップでご購入いただけます。
豊富な品揃え、リーズナブルなお手頃価格のシンプルモダンインテリア家具ラーナ。
きっとあなたのお気に入りが見つかります。

シンプルモダンインテリア家具Laana


Copyright© 2017 シンプルモダンインテリア家具Laana All Rights Reserved.