シンプルモダンインテリア家具Laana

ヘッダーバナー1

塩系インテリアの極意|シンプルに魅せて女子ウケ抜群の男子部屋に!

塩系インテリア

そもそも塩系インテリアって何?と思う人も多いかもしれません。

ちまたでは、少し前から人気沸騰中の塩系・塩顔男子ですが、塩系インテリアというのもその人気に便乗して発生した言葉です。

塩系と表現される由来は、塩が色が白くさらりとしていて、スッキリとした味わいの中にもシャープさがあり、引き立て役だけではなくさりげなく自己主張もある、そんなところからきているのでしょう。

塩顔の特徴はそのスッキリした薄い顔ですが、濃い顔立ちの人はソース顔、それよりあっさりとした顔立ちをしょうゆ顔とも表現するのはお馴染みですね。

そこでインテリアにおいてもスッキリと飾らず、薄めのトーン、生活感の無いサッパリとした印象を持ったインテリアを塩系インテリアと表現します。

じゃあ具体的にどういうアイテムを使ったら塩系インテリアになるの?
塩系インテリアのポイントをその特徴を踏まえて部屋作りご紹介します。

塩系インテリアのポイント

塩系インテリアのポイントは、薄めのトーンで淡い色合い、無骨で飾らないアイテムや素材、生活感を感じさせないスッキリした生活空間の3つの特徴があります。

薄めのトーンで淡い色合い

全体的に淡い色合い、例えばベースカラーとして白、ベージュ、クリーム、グレーなどの色味を抑えたトーンを基調に考えます。

ただそれだけでは塩系というにはどこか物足りません。
ソファやベッドなどの家具も利用して、差し色として黒やブラウンが使うことで、塩系の雰囲気になってきます。

部屋の大きな面積を使っているソファやベッドのカバーを色味を抑えたものに変えるなども手っ取り早くテイストを変えれるコツです。

ポイントはとにかく色味を抑え気味することが大切です。

無骨で飾らないアイテムや素材

塩系インテリアは無骨で飾らない雰囲気を表現するのが一つのポイントです。

そこで無骨なイメージの家具やアイテムを使うことでそんな雰囲気を作ります。

例えば、無垢の木材を使った家具、流木、ステンレス、アイアン、ブリキ、ガラス、麻ひも、金属製のカゴやベース(花瓶)など、素材のままの雰囲気が出ているインテリアアイテムなどを使うと塩系の雰囲気を醸し出すことができます。

具体例としては、テーブルは無垢で少し色あせたどっしりとしたテーブル。
その上にくすんだ青いガラスの花瓶が乗っていて、ドライフラワーが飾ってある。
照明もブリキシェードで電球が見えるライトが部屋に温かみを感じさせる。

そのようにアイテム3つだけでもずいぶん塩感が出せるのがイメージできます。

生活感を感じさせない

とにかくスッキリ感が塩系インテリアの一番のポイントです。
薄めのトーンでまとめようが、無骨感を出そうがスッキリ感がなければ、塩系インテリアとは程遠いものになってしまいます。

本当にここで生活してるの?と思えるくらいあるべきところに物が無い。
殺風景なほど物が無くスッキリとしている所から、生活感を感じさせない雰囲気が生まれます。

塩系インテリアの注意点

生活感の出やすいキッチンは特に注意

家電は装飾の少ないスッキリとしたデザインの物を選びましょう。
スパイス、調味料などもガラスの容器に入れ替えて統一すると一気に印象が変わります。

入れ替えが難しい場合は大きめのラベルで色味を抑えると◎

全て収納し、スッキリした空間を

生活感のない空間が色んな努力で出せていても、物がたくさんあったら台無しです。
もし、きちんと収納できるスペースがない場合は同じボックスを揃えてその中にしまっておくだけでも”生活感0”の印象が作れます。

観葉植物を飾って動きを出す

また、無骨なアイテムが多いので寂しい印象になりがち。
その場合は観葉植物を飾るだけで部屋に動きが生まれます。種類はドライフラワー、サボテン、エアープランツなどを選ぶとより塩感が出るのでオススメ。

女子ウケUPのワンポイントテクニック

女性ウケをUPさせるためには、かっこよさ+ひとにぎりの甘さが重要です。
塩系インテリアをさらにかっこよくするコツと、甘さの配分ノウハウをご紹介します。

モテ部屋に改造したいけど、今から全てを買い替えるのは難しいという方でもすぐ実践できます。

よりかっこよく見せるアンティーク感

ほんのひと手間で手軽にアンティーク感を加えられます。
容器の蓋の部分にBRIWAXを塗ったり、テーブルの脚をアイアンペンキで塗るだけでぐっと味が出てかっこよさが増します。

インテリアからアンティークの雰囲気や、さりげないこだわりを感じさせる男の人はかっこいいものです。

ウォールデコや照明などで、ひとにぎりの甘みを演出

ウォールデコはガーランド、モビール、可愛いモチーフの絵画、ステンシルした木材などを選ぶとモノトーン系でも少し甘い雰囲気が出て女性がリラックスできるようになります。

部屋に温かみを与える大きな要素の照明は、レトロな雰囲気の満載のころんとした可愛いブリキシェードのライトにし、オレンジ色の明かりで甘みを演出。

差し色としてクッションカバーを夏ならネイビーのマリンモチーフにしたり、冬なら温かみのあるオレンジとオフホワイトのカバーに変えるなど、甘さと落ち着きを両立させると彼女にとっておしゃれだけど居心地の良い部屋というイメージに変わるでしょう。

まとめ

塩系インテリアには塩系のしょっぱさと少しの甘みのバランスが大事ですね。

本格的でも手軽にでも試せる塩系インテリア。
ぜひあなた好みと女子ウケを両立させてみてください。

関連記事

豊富な品揃え、リーズナブルなお手頃価格のシンプルモダンインテリア家具ラーナ。
きっとあなたのお気に入りが見つかります。

シンプルモダンインテリア家具Laana


Copyright© 2017 シンプルモダンインテリア家具Laana All Rights Reserved.